施工管理から転職

女性で施工管理をすぐ辞めたいけど大丈夫?新卒のあなたへ体験談と転職先を伝える

『残業が長くて、身体的・精神的に続けられる自信がない』
若いのにすぐ辞めても大丈夫か知りたい
『実際に辞めた人の体験談を聞きたい』
『辞めるにはどうすればいいのか知りたい』
『辞めた後に転職先があるのか不安』

新卒で施工管理として働き始めた女性の中には、すぐ辞めることを考えても責任感の強さから決断ができず、無理し過ぎてしまい体調を崩す人がいます。

私は30代の男性ですが、新卒でゼネコンに入社して、仕事のあまりの厳しさから1年目で別の職種に転職をしました。

現在は、以前のように朝早く出社して夜遅く帰る生活とは真逆で、仕事だけでなくプライベートも充実できています。

そこで本記事では、施工管理の仕事を辞めたい新卒の女性に向けて、すぐ辞めても大丈夫な理由から実際の体験談をお伝えします。

さらに、実際に辞める上での会社への伝え方と、辞めた後の転職先についてもくわしく解説します。

この記事を読むことで、本当に辛くなったらすぐ辞めても大丈夫な理由がわかり、今とはガラリと異なる希望がある将来のつかみ方がわかります。

施工管理を辞めたい女性は無理しないで

いざ施工管理して働き始めると、入社前後で働き方に大きなギャップを感じる人がとても多いと考えます。

『キツイとは覚悟していたけれど、ここまでとは』
『明日の仕事がゆううつ過ぎて泣いてしまう』
『辞めたいけれど、責任感がない根性なしと思われるのが耐えられない』

上記に近い悩みを抱える女性は多いはず。

とはいえ、辛すぎる状況が続いていて、今後もしばらく改善されない予感がするのであれば、無理をしてはいけません。

なぜなら辛い気持ちにフタをして、気持ちを押し殺しながら責任感と戦い続けても、最終的にあなたの身体と心が壊れてしまうためです。

近い将来に、仕事量に余裕が出たり精神的な負担が軽くなる場合は良いのですが、それが見込めないのであれば、徐々にあなたの心身が傷ついていきます。

ただでさえ施工管理の仕事は、体育会系の屈強な男性であっても、責任の重さや仕事内容から耐えられない人もたくさんいる職種です。

このページにたどり着いたあなたは、すでに責任感の強さの中で、男性社会の中でずいぶんもがいてきたはずです。

『これ以上は耐えられない』と何度も感じたら、責任を感じて無理をする必要はなく、あなたの心と身体を守るために、仕事から離れることが大切です。

すぐ辞めても大丈夫な理由

職場が男性社会であるため、悩みを相談できる人がいなくて困っていて、すぐ辞めても大丈夫か不安な人がいるはず。

先に結論を言うと、今抱えている現場の引き継ぎだけをしっかりしたら、ほとんど問題ありません。

なぜなら施工管理は、世の中にある無数の職種の中で、最も身体的・精神的にハードな仕事のひとつであるためです。

そのため短い期間であっても、責任感を持って必死に食らいついてきたあなたは、取り組みの姿勢だけでも他の会社で十分評価されます。

また、他の職種に就いた大学の同期と比較すると、何倍も濃くて深い経験を積んでいるはずです。

例えば、幅広い年代の方とのコミュニケーションを取りながら、チームで仕事を推し進めていくのは、とても貴重な経験になります。

なので、すぐ辞めてもキャリア面で出遅れることにはならず、むしろ同期や同世代と比較すると進んでいる可能性も十分にあります。

実際に他の会社の面接を受けてみると、あなたが思っている以上に、施工管理として働いた経験は価値が高いです。

自信を失っている人もいるかもしれませんが、責任感を強く持って仕事に向かった過去を思い出して、自分のことを褒めてくださいね。

女性のみんなが施工管理を辞めた体験談

新卒で施工管理として働き始めた女性は、どんな理由で仕事を辞めていき、辞めた後の転職先はどうしたのでしょうか。

男性社会の中で働く女性ならではの悩みがたくさんあるようです。

また転職先についても、さまざまな職種が考えられることがわかりました。

以下から、新卒で施工管理として働き始めたけれど、理不尽な職場を辞めた女性3人の体験談をお伝えしていきます。

現場仕事が辛かったA.Oさん|転職先は不動産の営業職

私は大学で建築の学部を卒業して、都市部の中規模のゼネコンに就職しました。

入社直後から仕事が忙しくて、人手不足のため現場作業を手伝いながら、ろくに休みを取らず夜遅くまで働き続けました。

やがて肉体仕事からくる身体の疲労と、仕事のプレッシャーと残業時間の長さで、不眠の症状があらわれて食欲もなくなることに。

最終的には、将来を考えたときに長く続けることは難しいと考えて、1年も立たないうちに辞めることを決めました。

辞めた後の転職先は、不動産の営業職です。

施工管理として働いた経験は、ときどき仕事で使える場面があります。

建物がどのように建つのかを少しでも知っていると、家のつくりを知りたいお客様に対して、他の社員より一歩踏み込んだ受け答えできるのです。

また対面の仕事が多いことから、幅広い年代の方とコミュニケーションが取れる方は、不動産の営業職がとても合っていると感じます。

残業時間が長過ぎたS.Yさん|転職先はメーカーの事務職

私は大学で理系の学部を卒業して、大手のゼネコンに就職しました。

最初の半年は休みも取れていたのですが、現場に配属されてからは、急に忙しくなりました。

人手不足の穴を埋めながら、120時間以上の残業を続けました。

仕事自体はやりがいを感じていて、職人さんとのやり取りも楽しく感じる人はいるのですが、時間にメリハリをつけれないのがストレスでした。

早く仕事を終わらせても、なかなか帰りづらい雰囲気で、仕方なく残業をする日々。

最終的には、たまにある休みも仕事のことが頭から離れず、ノイローゼ気味になってしまい、急いで会社を去ることにしました。

新卒として働き始めて2年目のことです。

私の同期の女性も、残業時間の多さを苦にして、3年目になってすぐ転職をしてきました。

施工管理を辞めた後は、メーカーの事務職へ転職しました。

建築の知識はまったく使っていませんが、時間にメリハリをつけた働き方ができています。

また時間に余裕ができたので、新しい出会いを探す気力もわいてきて、人生が充実し始めています。

男性社会が苦になったM.Aさん|転職先は営業アシスタント

私は大学で土木系の学部を卒業して、地元の小・中規模のゼネコンに就職しました。

会社の人や職人さんとは、良い人間関係を築けていたのですが、一部の人のせいで嫌な思いをしました。

すれ違うときに指を立てられたり、容姿について何か言われたり。

また中規模以下の現場になってくると、トイレが男女共用だったり、汚かったりもするのがストレスになりました。

他にも耐えきれないことがあり、最終的に1年目で会社をすぐ辞めることにしました。

同期に女性はいませんでしたが、期待されていた新人の男性も、あまりにブラック過ぎる会社を1年半で辞めたそうです。

施工管理を辞めた後は、広告業界の営業のアシスタントに転職しました。

以前の職場と比較すると、まったく畑違いですが、広告の営業をする方をサポートする仕事です。

だけど、低レベルないじめのようなことはまったく無くて、建設業界の一部が特殊であると実感しました。

いじめのようなことをする人は、将来的にささいなきっかけで、より大きなトラブルを引き起こします。

穏やかな人間関係の中で働きたいのであれば、職場を変えてまともな人だけ採用する会社に転職すると良いと思います。

実際に辞めるにはどうすればいいの?

いざ施工管理の仕事を辞めようと考えても、会社でお世話になった人や、仲が良い職人さんとのやり取りを思い出して、辞め方がわからない人がいます。

また、仕事が忙しくて辞めるタイミングが分からないケースも。

先に結論を言うと、辞めることを決心したのであれば、最初から『何月の何日に辞めさせてもらいます』ときぜんとした態度で伝えるべきです。

可能であれば、いま担当している現場が終わるタイミングがベストです。

最初に伝える人物は、会社によって異なってきますが、世間一般的にだと直属の上司になります。

辞めることを伝えたら、『早く辞めてしまえ』『すぐには辞めさせない』などと、言われるのを怖いと感じる人もいるかと思います。

とはいえ、本当の気持ちを押し殺したまま仕事を続けても、あなたの心身により大きな負担がのしかかっていくだけです。

決断を先送りしても、状況がさらに悪化してしまいます。

時期を明確に定めたら、冷静になりつつ、しっかりとした意思を持って、辞めることを伝えましょう。

もちろん、すでに限界を感じていて今日・明日の出社もしんどいのであれば、『とりあえず休む』ことも大切です。

あなたの心身より大切にすべきことは、世の中に無いためです。

退職理由はどうする?

辞める際に大事になるのが退職理由です。

あなたの状況によってベストな答えは異なってきますが、波風を立てない伝え方がいくつかあります。

  • 家庭の事情
  • 昔に諦めた道をトライしてみたい
  • 進みたい道が変わった

上記はほんの一例ですが、もしあなたがスムーズな退職を希望するのであれば、仕事面で会社にネガティブなことを伝えるのはやめるべきです。

あくまでも、今の仕事に満足はしているとアピールしつつ、別のよりよい道が見つかったと伝えましょう。

会社に恨みがある人もいますが、正面からぶつかるのを避けたほうが、長い目で見ると余計なストレスを抱えるのを避けれます。

辞めた後の転職先で多いのは

新卒の施工管理の女性が辞める場合は、さまざまな仕事の選択が考えられます。

例えば、建設業界を離れたくないであれば、建築系の設計職の道が考えられます。

職場環境だけがネックになっており、今の仕事を続けたい方は、残業が少ない会社の施工管理職を頑張って探すのも良いですね。

例えば公共事業系の仕事を請け負う会社や、水処理のプラントなどは、突発的なトラブルが少ないことがあり、メリハリをつけた働き方ができます。

他にも、今よりプライベートの時間が欲しいのであれば、事務職営業のアシスタントなどが考えれます。

コミュニケーション能力に自信があるのであれば、営業職もいいですね。

実際に施工管理から転職するパターンで多いのは、不動産業界の営業職です。

建設業界での知識を活かしつつ、男女問わずいろんな年代の方とコミュニケーションが取れる人は、十分に適正があります。

どの道に進むにしても、最もハードな仕事をしてきて経験を誇りに思って、自信を持って面接に臨んでくださいね。

業界No.1の求人数を誇る転職サイトと、質の高いエージェントへの登録は、以下からどうぞ。

  • 転職のリクルートエージェント:国内最大級の転職サイトなので、非公開求人が最も豊富。転職活動を質の高いエージェントに任せたいなら、ここに登録しましょう。
  • リクナビNEXT:転職成功実績1位の転職サイトで、適職診断からスカウトメールなどの機能が充実しています