建設業を辞めたい理由

重量鳶(とび)を辞めたい。仕事が辛い5つの理由と具体的対処法を全解説

重量鳶(とび)を辞めたい…!仕事が辛い5つの理由と具体的対処法を全解説!
  • 重量鳶(とび)として働いているけど、仕事がキツ過ぎる…
  • とにかく仕事を続けられる気がしない…
  • 今のつらい状況への具体的な対処法を知りたい!

重量鳶として働いている人の中には、会社から理不尽な仕事を要求され、ブラックな労働環境で、日々苦しんでいらっしゃる方がいます。

ですが、男社会の仕事場では、つらい気持ちや弱音を吐ける相手が限られるため、具体的な対処法が分からなくて困ってしまいますね。

そこで本記事では、重量鳶の仕事に悩むあなたに対して、仕事がつらい5つの理由から、状況別の具体的対処法をお伝えします。

この記事を読むことで、つらい仕事の状況に対して、対処する方法がわかり、ブラックな環境から抜け出すヒントがつかめます。

重量鳶(とび)の仕事とは

鳶職といえば、一般的には建設現場の高所で作業を行う仕事です。

ですが、重量鳶では、一般的な鳶職とは大きく異なる作業内容が求められます

鳶職の中に含まれる重量鳶の仕事では、フォークリフトやクレーンなどを使って、工場に大型機械の設置や橋げたの設置を行います。

大型機械などについて、搬入から据え付け、解体まで行うのが重量鳶の仕事に当てはまります。

他には、プラントの貯蔵タンクや鉄道車両、MRIなどの医療機器も対象です。

図面を読み取る計算力はもちろんのこと、現場での素早い判断力や経験が必要となり、高い技術レベルが求められるのが特徴です。


重量鳶(とび)を辞めたい【仕事が辛い5つの理由】

重量鳶の仕事は、非常に身体的・精神的に負荷がかかる仕事です。

特につらいと感じる理由の中で、最も多いのが次の5つの理由になります。

  1. 休みが少ない・急な出張が多い
  2. 暴力が当たり前の現場
  3. 暴言がひどい
  4. 怪我や事故のリスクと隣り合わせ
  5. 尊敬できる人が少ない

以下から、ひとつずつ見ていきましょう。

休みが少ない・急な出張が多い

重量鳶の仕事は、休みが少なかったり、急な出張が多い特徴があります。

なぜなら、重量物の「搬入・据え付け・解体」となると、工場などが稼働していない休日の仕事が多くなり、休日出勤が増えるためです。

代休が取れる会社であれば良いですが、平日にも仕事が詰まっており、新たに急な仕事も舞い込んできます。

そのため、全体的な休みが少なくなり、身体の疲れもたまりやすくなって、プライベートの時間を充実させることができません。

会社の仕事に振り回される働き方が嫌になり、辞めたいと感じる人がたくさんいるのです。

暴力が当たり前【ヘルメット越しに叩かれる】

重量鳶の世界では、会社によって暴力が当たり前の雰囲気があります。

拳で殴られたり、工具を投げつけられるケースがあります。

ヘルメット越しに叩かれるのが、まだマシな現場といえるでしょう。

他の業界や業種では、絶対に考えられないような出来事が、日常茶飯事で起きています。

信じられない暴力を目の当たりにすることで、「ここは本当に異常な世界だ…」と我に返ることができて、会社を辞める人が後をたちません。

暴言がひどい【バカ・アホなど】

重量鳶の現場の中では、比較的コンプライアンスが守られていても、暴言がひどい会社もたくさん存在します。

暴力を禁じる代わりに、人格を傷つけるような言葉が、平気で投げかけられるのです。

重量鳶として働く人の多くは、「バカ!・アホ!」などの低レベルな言葉による説教を聞いたことがあるでしょう。

暴言が当たり前に飛び交う職場で働く内に、まともな会社で働きたいと考えて、辞めたいと真剣に考え始める人がいるのです。

怪我や事故のリスクと隣り合わせ

重量鳶の仕事では、ときには数十トンの重量物をクレーンなどで吊り上げて、搬入と据え付けを行うことがあります。

玉掛けが不十分であったり、搬入中にミスがあったら、大きな怪我や事故に直結する仕事です。

やりがいがある一方で、危険があるリスクを完全にコントロールできないことに対して、不安やストレスがたまる人もいます。

そして、健康に生きるためのお金を稼ぐための仕事で、身体を傷つけたくないと感じて、別の仕事を探し始める人がいるのです。

尊敬できる人が少ない

重量鳶として働く人の中には、良い人から悪い人までいますが、尊敬できる人が少ない悩みを抱えます。

なぜなら、口よりも先に手が出る人が多かったり、汚い言葉を当たり前のように口に出し続けるためです。

もちろん、後輩の見本となるような尊敬できる人もいるのですが、一緒に仕事したくないタイプの人間が多いです。

重量鳶を辞めたいと考える人の中には、一緒に働きたいと思える人が少ないといった悩みを抱えています。

重量鳶を辞めたいと思ったときの具体的対処法

「重量鳶を辞めたい…」と思ったら、まず少しずつでも良いので動き出していきましょう。

取り組みやすいことから順番にお伝えしますので、良かったら試してみて下さい。

  1. 相談できる人がいたら本音で話す
  2. 他の会社で働く道を探す
  3. すぐに退職する

それでは、順番に解説していきます。

相談できる人がいたら本音で話す

社内に本音に近い言葉で相談できる人がいたら、可能なかぎり本音で悩みを伝えると良いです。

なぜなら、不満を口にしないまま仕事を続けても、いつか心が折れてしまい、仕事を続けるのが難しくなるためです。

体育会系の職場では、本音でのコミュニケーションが取れていないパターンがあるため、まずしっかりと伝えてみることが大切です。

不満を口にしていないと、あなたが悩んでいることに周囲が気づいていない可能性があります。

あなたの立場では難しいかもしれませんが、可能であれば思い切って本音の相談をしてみてください。

他の会社を探す【転職活動をする】

すでに、いま働いている会社が嫌いで、頑張っていく気持ちが消えていれば、他の会社で働くのも選択肢の一つです。

なぜなら、暴力や暴言がなかったり、休日出勤があっても代休が取れたりする会社は、探せばいくらでも見つかるためです。

ブラックな労働環境で働いていると、悪い環境が常識だと思いこんでしまいます。

ですが、重量鳶のまともな会社はたくさんありますし、他の業種や職種に目を向ければ、可能性が無限に広がっています。

今の会社がまともでないと感じるのであれば、他の会社で働く選択肢を積極的に持つべきです。

2021年最新の人気サイトランキングは、こちらの記事でまとめていますのでご確認下さい。

施工管理(現場監督)から異業種転職。おすすめの転職サイト・転職エージェント10選施工管理(現場監督)の仕事は、やりがいがある一方で、体力的・精神的につらいこともありますよね。 施工管理から異業種へ転職する理由は...

すぐに退職する【退職代行を使うのもあり】

もし、重量鳶の仕事をしていて、暴力や暴言などのパワハラ・モラハラで限界であれば、すぐに退職してください。

なぜなら、おかしい環境で働かせている会社が100%悪くて、あなたが我慢を続ける必要がないためです。

辞めるのを言い出しにくかったり、強い引き止めに合いそうであれば、退職代行を使うのも選択肢の一つです。

退職代行を使うことで、会社に足を運ばずに辞めることができますし、次の仕事へスムーズに進むことができます。

ブラックな環境で働かせる会社や周囲の人間が悪いので、どんな形で辞めたとしても、あなたが気に病む必要はどこにもありません。

なお、退職代行サービス人気ランキングに、退職代行を厳選して紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

重量鳶を辞めても良いという選択肢を持つことが大切

ここまで読んでいただいた方は、ブラックな労働環境であれば、重量鳶を辞めても良いことがよくお分かりいただけかと思います。

一番大切なことは、「重量鳶を辞めてもいいんだ」といった選択肢をあなた自身の中に持つことです。

  • 今の職場しか知らないし、他の会社でやっていけるか不安
  • 別の仕事をするにしても、できる仕事があるか心配

など、いろいろな思いがあると思います。

しかし、人生は一度きりで、働き盛りの若い時期も一瞬で過ぎ去っていきます。

さらにいえば、重量鳶ほど過酷な仕事は、他に探すのが難しいので、新しい職場や仕事で大きな不安を抱える必要がありません。

過酷な現場で耐えた経験があれば、本当に心から望んでいる方向に、舵(かじ)を切ることをおすすめします。

一歩でも行動を始めることから未来が変わる

ここまで読み進めてもらった方の中には、まともな他の重量鳶の会社を探したり、ブラックな会社をすぐ辞めようと思った方もいらっしゃると思います。

後、足りないのは、一歩目の行動だけです。

未来をガラリと変えるためには、最初の行動を始めることが重要です。

あなたの可能性を狭く考えないようにして、新たな道を探し始めて下さい。

まずは気楽に、キャリアのプロや、退職代行サービスに相談してみることをおすすめします。

→【2021年】退職代行サービス人気おすすめ比較ランキング10選

【2021年】退職代行サービス人気おすすめ比較ランキング10選 ・『職場がブラックで限界に近い』 ・『直接辞めることを伝えると、強い引き止めに合いそう』 ・『すでに強い引き止めに合...