施工管理の体験談

【疲れた】施工管理は朝早いし忙しい~辞める前にやるべきコト3つとは

・『施工管理として働いているけれど、もう仕事に疲れた』

・『朝早いし、仕事も忙しすぎて全くプライベートの時間が取れない』

・『退職も視野に入れ始めているけれど、具体的にどうすればいいのか分からない』

 

 

施工管理として働く人は、仕事が忙しすぎて心身を休める暇がなく、疲れを感じる瞬間がたくさんあります。

 

私ははじめての就職でゼネコンに入社して、長時間労働を続ける中で、疲れから限界を感じて会社を辞めました。

今では、そこそこ楽しく仕事をやれていて、プライベートも充実しています。

 

そこで本記事では、施工管理で疲れる瞬間が多い理由から、転職や退職までの具体的な道筋をお伝えしていきます。

この記事を読むことで、仕事の悩みに深く共感できると同時に、現状をガラリと変えるための方法を理解できます。

↓【施工管理から異業種転職を目指す方へおすすめの記事】↓

>>【20代】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト

>>【30代】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト

『施工管理が疲れた』と感じる理由

仕事をしていて『疲れた』と感じる瞬間はたくさんあります。

中でも、施工管理ならではの苦労を感じる点について、お伝えしていきます。

プライベートを犠牲にして働くのが疲れた

施工管理の仕事は、プライベートに余裕を持つことが難しいです。

仕事を始める前には、ある程度犠牲にすることを覚悟する人がほとんどです。

ですが、実際に働きはじめると、休める日の重要性に深く気づくことになります。

将来を考えてみても、今の働き方がずっと続くので、ゆううつな気分に支配されてしまいます。

頑張っても給料が上がらない

施工管理の仕事は、責任が重大かつ、求められる内容もレベルが高いです。

ですが、働いても給料が上がっていくのは、一部の大きい会社だけ。

その一部の大きな会社も、大規模なリストラを決行しているので、頑張っても報われにくいといえます。

歯を食いしばって頑張っても、それに見合った給料が支払われないため、嫌気が差してきます。

働いても責任が重くなる一方

現場を監督する立場であるため、責任が重くてベテランが活躍できる仕事です。

ですが現実的には、深刻な人手不足であるため、監督としての器がない人も施工管理をやっているのが現状です。

まだ経験や実力もないのに、大きな現場を丸投げされていき、責任感の重圧から心身の疲れを感じてしまいます。

この状況が続くと、働き続けても責任が重くなる一方で、全く楽にならないと感じて辞めたいと感じ始めてしまいます。

職場のモラハラ・パワハラ

建設業界は、たくさんある業界の中で、最もモラハラ・パワハラが多いといえます。

もちろん、コンプライアンスがしっかりしていて、働きやすい職場もあります。

一方で、暴言や恫喝が日常的に繰り広げられていて、暴力が振るわれるところも。

モラルの欠片もない職場で働いていると、心の底から疲れを感じて、逃げ出したくもなります。

もう頑張れないなら辞めてもいい

『疲れた』・『もう続けるのが難しい』と考える時間が増えているかもしれません。

辞めていいのか迷っていて、それが疲れを増やす原因にも。

辞めるかどうかの判断は、『将来に明るい材料』を見つけられるかで判断するとよいです。

 

  • 新しい人材がきて仕事の負担が軽くなる
  • コンプライアンスの見直しがされて、パワハラ気質の改善
  • 長時間労働と給与の見直し

 

上記のどれかひとつでも、将来的に改善されるのであれば、辞めないほうがいいです。

ですが、ひとつも当てはまらくて、状況が悪くなることが予想できるのであれば、『辞めてもいい』です。

退職する前にやるべきコト3つ

将来的に明るい材料がなくて、退職を決めた後は、必要な手続きを行う必要があります。

『退職手続き』ですね。

施工管理から転職・退職するときは、強い引き止めにあったりして、トラブルが起きてしまうことがあります。

そこで、スムーズに退職する手続きの方法について、順番にお伝えしていきます。

まずは早めに意思を伝える

何よりも大切なことは、辞めることを決めたら、早めに意思を伝えることです。

なぜなら会社は、あなたが働き続けることを想定して、これから先の仕事の割り振りを決めているためです。

伝えるのが遅くなると、スムーズに手続きがいかなくなってしまいます。

とはいえ、人によってはタイミングが難しいですね。

一例として、ひとつのプロジェクトが終わりそうで、新しい仕事を振られてタイミングで、伝えるのはアリです。

あなたの状況によって変わりますので、できる限り早めな行動を意識しつつ、区切りが良い瞬間を狙っていきましょう。

引き継ぎの時間の確保と身辺整理

会社や上司に退職することを伝えたら、今抱えている仕事の引き継ぎや、書類・パソコンの中身の整理をします。

ここはしっかりやっておきましょう。

適当に済ませてしまうと、後々にトラブルの原因になります。

スムーズに退職するために、最終出社日までは、淡々と手続きを進めていくべきです。

バックレは避けるべき

ブラックな職場に行きたくもないし、上司の顔を見たくもないって人は、とても多いです。

私もそうでした。

ですが、『バックレ』だけは避けるべきです。

理由はシンプルで、あなたがこれから50年以上生きていく中で、会社の人との接点が将来的にでてくる可能性があるです。

ほんのわずかですが。

もちろん、身が引き裂かれそうな人は、職場に行く必要は全くありません。

『退職代行』を使えば、二度と職場に行かなくても、スムーズに辞めることができます。

建設業の施工管理は退職代行を使って辞めれるの?みんなの体験談を伝える 『施工管理として働いているけれど、職場がブラック過ぎる』 『もうすでに気持ちが切れていて、会社に出社するだけでキツく感...

転職サイトへの登録

退職の意思表示や引き継ぎの前でもいいのですが、早めに転職サイトに登録するのも大切です。

具体的な退職手続きに入ると、転職の準備のための余裕がなくなるためです。

余裕があるうちに登録をしておいて、気になる求人を確保しておくだけで、スムーズに転職活動にうつれます。

忙しくて難しい人は、最低でもリクルートエージェントくらいは登録しておきましょう。

求人数が最も多くて、転職成功者数が1位であるため、転職活動の基本となります。

⇒【転職成功者数No.1】: リクルートエージェント

我慢し続けるより今行動するのが『大切』

ブラックな職場で働いていて、迷いに迷っているのが現状だと思います。

将来的に明るい材料があって、我慢を続けることで報われそうな方は頑張るのも必要です。

ですが、暗い見通しが立っていて、頑張ってもつらくなることが明らかであるならば、きっぱりと辞めるのも正しい決断です。

会社側は、ブラック労働を強制する一方で、

  • 新しい人を探している
  • 頑張ったら給料を上げてやる
  • いつかいいことあるぞ

などと、アメとムチを使い分けていきます。

ですが、今の現状そのものは、『過去のブラック労働の積み上げ』であるため、昔からずっとひどかったはずです。

それゆえ、将来的にも新たに改善するのは考えにくいでしょう。

暗い未来を想像しながら働き続けても、本当につらいだけですし、あなたの将来にもなりません。

仕事を辞めて会社を変えることで、将来への不安を解消できますし、心身を守る上で最も大切なことになります。

自力で辞めるのが難しかったら~退職代行を使うのもアリ

施工管理の職場では、会社や上司に退職を切り出すと、暴言を吐かれたり強い引き止めに合うことも考えられます。

特に、パワハラ気質のブラックな現場では、なおのことでしょう。

そのため、自力で辞めるのが難しかったら、代わりに退職手続きをやってもらうために『退職代行』を使うのもアリです。

実際に、施工管理で働いていた人で、代行サービスを使う人は多いです。

使う理由には、

  • 職場に二度と行きたくない
  • 上司や関係者の顔を見たくない
  • 軟禁に近いくらいの引き止めにあった
  • 自力で辞めるのには、粘り強い交渉が必要

などがあります。

退職代行サービスの正しい選び方や、信頼と実績がある退職代行業者は、以下の記事でくわしくご紹介しています。

新しい環境で一緒に頑張っていきましょう

ブラックな職場を辞めたら、また新しいスタート地点に立つことができます。

新たなスタートを切ることで、一歩一歩自分の力で、未来を切り開いていくことができるのです。

私はブラックな施工管理を辞めるのが不安でしたが、辞めて本当によかったと感じています。

将来的に明るい材料がない人は、『辞めてもいい』ですし、我慢して続ける必要もありません。

施工管理(現場監督)から異業種へ転職した人の体験談を集めた人の記事はこちら。

現場監督は異業種への転職は可能?ホワイト企業への転職例をいくつか伝える『現場監督を辞めて別の業種で働いてみたいけど、本当に転職できるか不安』 『実際に現場監督からホワイト企業へ転職した例を聞きたい』 『...

ブラックな施工管理を退職代行を使って辞めた人の体験談はこちら。

建設業の施工管理は退職代行を使って辞めれるの?みんなの体験談を伝える 『施工管理として働いているけれど、職場がブラック過ぎる』 『もうすでに気持ちが切れていて、会社に出社するだけでキツく感...

施工管理をすぐに辞めた人の記事はこちらからどうぞ。

施工管理を辞めた人
施工管理をすぐ辞めるとどうなる?|短期離職した体験談と実際の転職例を紹介 『施工管理をすぐ辞めても、本当に大丈夫なのか知りたい』 『すでに辞めた人の体験談や転職先を聞きたい』 『辞めるにはど...