玉掛け技能講習

【最新】玉掛け技能講習の過去問ネタバレ!必ず出題される問題を解説




この記事では、玉掛技能講習に一発合格したい方に向けて、実際の過去問で出題された問題を解説ています。

玉掛技能講習の学科試験は、講習をしっかり聞いてさえいれば、ほとんどの人が合格できます。

落ちる人は落ちるのですが、真面目に講義を聞いていなかったり、受講態度が悪すぎたりする人がほとんどです。

とはいえ、講習の当日は、1日中椅子に座っているだけなので、眠らずに講義を聞き続けるのは困難を極めます。

教え方が下手だったり、滑舌が悪すぎる講師にあたってしまうと、ひたすら苦痛な時間が流れていくだけです。

そこで本記事では、講義をしっかり聞いていなかった人に向けて、一発合格するために、過去問の出題範囲をネタバレしていきます。




【関係法令】玉掛け技能講習の学科試験の出題ポイントまとめ 玉掛け技能講習学科試験における『関係法令』について、出題ポイントをまとめました。 関係法令は、他の分野と比較して出題数が少...

問題はマークシート形式で4択

試験の形式は、両面に印刷された紙を一枚渡されまして、回答をマークシートに塗りつぶす形です。

紙はA,B,C,Dの4種類ありまして、それぞれテストの問題が微妙に違います。

したがって、カンニングをすることはできません。

自力で問題文を読んで、4つある選択肢の中から、正しい選択肢を選ぶ必要があります。

2択で迷ったときの裏ワザ

実際にテストを解いていくと、4択ある内の2つの選択肢で迷うパターンが非常に多いです。

2択で迷ったときは、否定的な選択肢の方を消すと良いです。

例えば、【〇〇は△△できない】といった選択肢が残っていれば、間違っている可能性が高いです。

あくまでも、玉掛技能講習の試験に適用できるものですので、別の試験で通用する考え方とは限りません。

合格基準と実際の不合格率

合格基準は、6割以上の点数が必要です。

6割に達しない場合は、追試や再試験のチャンスがもらえます。

とはいえ、点数が悪すぎると、講義を全く聞いていなかったと判断され、不合格になることもあります。

合否は、3日目の実技試験の朝に伝えられまして、同時に追試の時間帯も発表されます。

玉掛技能講習に落ちた人に共通する3つの特徴とは【落ちる人は落ちる】 国家資格である玉掛技能講習に一発で合格したい人向けです。 玉掛技能講習に通過するためには、学科テストと実技テストに合格する...




【最新】玉掛け技能講習の過去問ネタバレ!必ず出題される問題を解説

合格点をとるために、必要最低限の知識だけお伝えします。

書いてあることさえ覚えれば、簡単に合格することができます。

最悪のケースを考えても、一発で不合格になるような点数を叩き出すのは、確実に防げます。

繰り返しになりますが、試験問題は選択肢を選ぶ形ですので、丸暗記よりも内容の理解が大切になります。

実際に出題された過去問のネタバレについては、以下からどうぞ。

クレーンに関する知識

横行について

天井クレーンに付いているトロリ(又はホイスト)を移動させる運動のことを指します。

図を見て、トロリがクレーン上をどのように動くのかを把握できればオーケーです。

移動式クレーンの種類

ホイールクレーンクローラクレーンの特徴を理解しておくと良いです。

特にクローラクレーンは出題されやすく、足場が悪かったり、軟弱な場所でも走行できると覚えておくと良いです。

安全装置の種類

クレーンの安全装置には、巻過防止装置巻過警報装置があります。

巻きすぎると、ジフが転倒したり、クレーンが転倒したりする恐れがあるためです。

実際に、図を見て安全装置が起動するのをイメージしておくと良いでしょう。

力学に関する知識

物理学の話なので、しっかり理解する必要はありません。

講師も分かっていない人がほとんどですので。

とはいえ、試験には出題されますし、ポイントは決まっているので、一気に覚えてしまいましょう。

力の三要素

力には、力の大きさ、力の向き、力の作用点の3つがあります。

覚えるべき点は、力の作用点は、の作用線上のどこに動かしても、その効果は同じであることです。

難しく考えずに、丸暗記すればオーケーです。

遠心力および向求力

遠心力は、移動式クレーンを荷で吊った状態をイメージすると良いです。

上部を旋回させると、荷には遠心力が働いて、旋回前よりも揺れ動く範囲が大きくなります。

言い換えると、作業半径が大きくなります。

曲げ荷重

講習ではさまざまな荷重について説明されますが、曲げ荷重についてだけ覚えておけば大丈夫です。

簡単に説明すると、荷やトロリによって、天井クレーンのガーターにかかる荷重のことを指します。

玉掛用具の選定及び取り扱い

点数の配分が高い分野ですが、出題されるところは、丸暗記すれば対応できます。

難しく考えずに、図を見ながら用語を頭にいれていきましょう。

ワイヤーロープ

同じ径のワイヤーロープでも、素数が細く数の多いワイヤーロープほど柔軟性があることを覚えておくと良いです。

さらに、各ストランドの中心に心綱のあるものは、さらに柔軟性があることも出題されやすいです。

端末処理

ワイヤーロープの端末処理には、両端アイスプライスと両端圧縮止めがあります。

アイスプライスの図を見て、2つの違いを頭に覚えておくと良いです。
注意すべき点は、台付けワイヤーロープについてです。

台付けワイヤーロープとして加工されたものについては、玉掛けに使用できないことを注意する必要があります。

玉掛けの方法及び合図の方法

筆記試験よりも、実技試験で必要となる知識が多いですが、それでも出題される場所があります。

出題ポイントは決まっているので、サクッと覚えていきましょう。

玉掛け動作の基本

玉掛けを始める際には、次の手順で玉掛けの方法を決めていきます。

  1. クレーンの定格荷重の確認
  2. 荷の質量をできるだけ正確に把握
  3. 荷の重心位置を見極める
  4. 玉掛けの方法を決める

定格荷重と重心位置については、用語をしっかり覚えておく必要があります。

合図の方法

クレーンの運転者に対しては、合図は指名された1人が行うルールとなっています。

何人か合図する人がいたら、事故の原因となってしまうためです。

テストでは、合図は指名された1人が行うことを覚えておけば良いです。




工場の仕事が見つかる転職サイト

玉掛け技能講習の資格は、工場や工事現場で役に立ちます。

資格を活かせる仕事を探すのに便利な転職サイトを、2社ご紹介いたします。

玉掛けの資格が活かせるおススメ転職サイト
【工場ワークス】は100%工場の求人に特化した転職サイトで、玉掛けや組み立て、メンテナンスの仕事を工場で探したい人いおすすめの転職サイトです。
資格や経験なしでも、応募できる求人が多数あります。

➡無料登録_【工場ワークス】
【工場求人ナビ】は本年度オリコン顧客満足度調査~製造派遣No1です。
派遣社員として、玉掛けやクレーン、メンテナンスの仕事を探したい人におススメの転職サイトです。
日総工産の技能社員として、正社員に採用されるチャンスもあります。➡無料登録_【工場求人ナビ】

 

【こんな記事も読まれています】▽