玉掛け技能講習

玉掛け技能講習試験で不合格になる人に共通することとは

玉掛け技能講習試験に一発で合格したい人向けです。

試験は一発で合格するのが当たり前で、不合格する人が出るのは、都市伝説のようなものと考えている人もいらっしゃるかもしれません。

とはいえ、技能講習といえども国家資格ですので、不合格者は一定数存在します。

不公平ではありますが、講習を受ける場所によって難易度が大きく変わる現実があります。

全員合格が当たり前のところから、必ず1名は不合格にする場所まであります。

さらに、講師との相性によっても合否が大きく左右されるため、油断できるものではありません。

そこで本記事では、玉掛け技能講習試験を一発で合格したい方に向けて、不合格になる人の特徴についてくわしく解説していきます。

玉掛け技能講習に合格するためのコツとは玉掛け技能講習に合格するためには、筆記試験と実技試験の両方に合格する必要があります。 国家資格としては、比較的簡単な方ではあります...

どうせ合格すると思っている人

事前に合格するのが当たり前だと聞いていたけれど、講習を受けた結果不合格で、再受験をよぎなくされる人が一定数存在します。

共通して言えるのは、『どうせ合格する』と思っている人です。

その気持ちに支配され過ぎていると、講習の内容に身が入らなくなり、試験本番で大ポカをやらかしてしまうことになるのです。

失敗しても大丈夫といった慢心が、ズルズルと大きなミスを呼び込んでしまうパターンです。

確かに合格しやすいのは事実です。

普通に取り組めば、不合格になりにくい試験といえます。

そのため、合格するのが当たり前と思い込んで適当に取り組むのを避けて、落ちる危機感をもって臨むと合格しやすいです。

甘く見てはいけない!玉掛技能講習で不合格になる人の4つの特徴とは玉掛技能講習に一発で合格したい人向けです。 合格の難易度は、講習を受ける会場によって異なります。 簡単な教習所では、全員が受...

会社命令でいやいや取らされている人

会社によっては、将来的に必要になるといった理由で、強制的に受験が必要となる人がいます。

このタイプの人が、最も不合格になりやすいといえます。

なぜなら、何のための試験であるかそもそも理解していなくて、講習の内容が頭に入りにくいためです。

会社の新入社員に多いパターンになります。

資格を持つ重要性について認識していなくて、いやいや取らされている感を出していることで、講師からの心証がかなり悪くなります。

その結果、試験の内容を最後までよく理解できず、それゆえに大きなミスをすることで、不合格が確定する人が後を絶えません。

玉掛け技能講習の実技試験で気を付けるべき5つの点を解説します玉掛け技能講習の実技試験を1発で合格したい人向けです。 玉掛けの講習に合格するためには、筆記試験と実技試験の両方に通る必要がありま...

怒られるのに慣れていない人

技能講習の実技試験では、講師によってかなり強い口調で怒る人がいます。

初めてやるのに怒られ過ぎるのは、少し理不尽に感じますが、感情的に反応するのはやめた方がよいです。

なぜなら、講師も仕事としてたった3日間の中で、たくさんのことを同時に教える必要があるためです。

受講生の中には、やる気がある人とない人がいて、同時に教えていく必要があります。

やる気がない人にもなんとか合格してもらうため、強めの口調でわざと厳しい言葉を投げかけているのです。

怒られるのに慣れていない人は、講師の立場になって考えることができず、感情的になってしまいます。

その結果、素直に講師のアドバイスを受け入れることができないため、ミスを修正できずに不合格となってしまうのです。

周囲の人とあまりしゃべらない人

技能講習には、会社の人と一緒に参加する人と、1人で参加する人がいます。

この2つを比較してみると、1人で参加する人に圧倒的に不合格者が多いことが分かります。

なぜなら、休憩時間や人が実技試験を受けている中で、話し相手がいないと緊張感が高まりやすいためです。

緊張し過ぎないことが最も重要です。

また、雑談相手がいることは、大きな精神的な支えとなります。

そのため1人で参加する予定の人は、同じように1人で受けに来ている人と仲良くなることをオススメします。

相手も話し相手を求めているので、緊張をほぐすためにも周りの人としゃべる機会を作るべきです。

緊張しやすい人

どれだけ真面目に取り組んでも、講習に落ちてしまう人が存在します。

その人たちに共通するのは、あがり症気味で、緊張感をコントロールできないタイプの人です。

小さなミスを引きずりやすく、本番に弱い人は、要注意といえます。

試験本番では、制限時間が決められていますが、かなり多めに時間が設定されています。

そのため、たとえミスをしてしまっても、少し立ち止まって落ち着きを取り戻す余裕が十分にあります。

そのため、緊張しやすい自覚がある人は、焦ってやる必要がないことを思い出して、自分のペースで実技試験に臨むと合格しやすくなります。

【こんな記事も読まれています】▽