玉掛け技能講習

玉掛技能講習の学科・実技試験に必要な持ち物【前日にチェック】

この記事では、玉掛技能講習に必要な持ち物から、受講する上で遅刻を絶対に避けるべき理由までまとめています。

必要となるものは、教習場によって微妙に異なりますが、原則的に次のものを持参する必要があります。

  • 受講票
  • 筆記用具
  • 実技用の笛

中でも受講票は絶対に忘れていけないものでして、会場によっては忘れてしまうと、受講できないことがあります。

また、時間に遅刻してしまうと、会場に入れないこともあるため注意が必要です。

比較的簡単な試験ではありますが、国家資格でもあるため、簡単に考えすぎていると、落ちる人は落ちていきます。

本記事では、玉掛技能講習に必要な持ち物について詳しく解説していきます。

玉掛け技能講習に合格するためのコツとは玉掛け技能講習に合格するためには、筆記試験と実技試験の両方に合格する必要があります。 国家資格としては、比較的簡単な方ではあります...

玉掛技能講習の学科・実技試験に必要な持ち物【前日にチェック】

受講票

絶対に必要である理由は、本人確認をするものであり、出欠確認できたら受講票に判子を押すためです。

教習場によっては、持っていなくても翌日の提出でなんとかなることもあります。

しかし、厳しくルールを定めているところでは、即不合格となってしまいます。

他の持ち物は、最悪忘れてしまっても会場で借りることができるため、受講票だけ必ず忘れないようにしてください。

筆記用具

筆記用具は、HBまたはBの鉛筆またはシャープペンシルと消しゴムが必要になります。

講義の内容をテキストにメモすることと、マークシート形式の学科試験で使用します。

忘れてしまっても貸してもらうことができますが、講師の心証を損ねないためにも、忘れず持っていくと良いです。

実技試験で合否が微妙なラインにある場合は、講師の主観で決まっていきます。

忘れ物が多すぎて悪い意味で目立ってしまうと、最後のギリギリの決定のときに、講師が不合格の判定を下す可能性が高まります。

実技用の笛

玉掛技能講習の実技試験には、玉掛の合図を適切にすることが求められます。

玉掛の合図は、指差し確認と笛の合図が両方必要になります。

笛の種類としては、サッカーで審判が使うようなホイッスルです。

忘れてしまうと、講習の会場で通常価格の2倍位の値段で購入する必要があります。

軍手

玉掛けの実技試験のときに、ワイヤーロープに触るため必要になります。

仕事場から持ってくる人がほとんどですが、万が一忘れてしまったら、コンビニで購入しましょう。

セブンやローソンなどのコンビニであれば、ほとんどの店舗に置いてあります。

ヘルメット

ヘルメットは、貸し出しをしてもらえることがほとんどです。

なぜなら、玉掛け技能講習を受ける人の中には、仕事でヘルメットを使用しない人もいるためです。

持ち運びに不便を感じる人は、会場で借りてしまいましょう。

安全靴

安全靴もヘルメットと同じように、必ず必要となるものではありません。

なぜなら、仕事で安全靴を使用しない人で、玉掛技能講習だけ受ける人もいるためです。

革靴でもオーケーな会場はありますが、実技試験の日には一日中動き回るため、疲れにくい靴を履くことをおすすめします。

袖口・裾をとめる道具

実技試験では、袖口と裾をとめた服装が必要になります。

会場では輪ゴムを貸してもらえます。

輪ゴムを使用したくない人は、長めの靴下を履いていき、それにズボンを突っ込む形でもオーケーです。

玉掛けの仕事を見つけるなら「工場ワークス」

工場ワークスは、業界No.1の安心できるサイトです。

寮付き・寮費用無料・家具家電付き・入社祝い金・特別手当有り・引越し費負担など、他にはない好条件の求人が多数あります。

また、未経験でも高収入が可能な求人が多く、短期・長期の両方を兼ね備えています。

ワンルーム寮完備の求人が多い点も、工場ワークスの強みです。

⇒⇒ものづくり業界で未経験から正社員【工場ワークス】

【こんな記事も読まれています】▽