施工管理の転職

施工管理の転職理由ベスト10|辞めた後の転職先の選び方と転職例も解説

『施工管理を辞めたいけど、他の人の転職理由を知りたい』
『辞めた後の転職先の選び方って?』
『転職先で多いパターンを知りたい』

施工管理は、とてもキツイ仕事であるため、転職を考える人がとても多いです。

他の人の辞める理由や、辞めた後の転職先の選び方や転職例も知りたいですよね。

そこで本記事では、施工管理の転職理由ベスト7から、辞めた後の転職先の選び方・転職例をお伝えしていきます。

施工管理の転職理由ベスト10

施工管理の転職理由ベスト10は、以下のとおりです。

  1. プライベートの時間を取れない
  2. 職場でパワハラに悩まされている
  3. 仕事量をコントロールできない
  4. 時給に換算すると給与が安い
  5. 労働時間が長い
  6. スキルが身につかない
  7. 怪我や事故に巻き込まれたくない
  8. 元々辞める予定だった
  9. 他の会社から転職のオファーがあった
  10. 他職種・異業種へ転職するため

以下から、1つずつ解説していきます。

プライベートの時間が取れない

施工管理は、プライベートの時間を取るのが難しいです。

入社前には、ある程度覚悟を決めていた人がほとんどですが、働き始めると休みの大切さに気づくことになります。

とはいえ、施工管理として働き続ける上では、プライベートの時間を取れる未来が想像できません。

人生の大半の時間を、仕事に支配されてしまうことが嫌になり、転職を考え始める人がいます。

職場でパワハラに悩まされている

施工管理の仕事は、長時間労働が当たり前で、身体的・精神的にキツイ内容です。

そのため、怒りっぽくなったり、パワハラをするのに歯止めが効かなくなる施工管理がいます。

そんなパワハラ上司の部下となった人は、職場に居場所がないと感じて、転職を考え始めます。

また、自分はパワハラ被害を受けていなくても、コンプライアンスを平気で無視する職場環境に嫌気がさして転職を考え始める人もいます。

仕事量をコントロールできない

施工管理の仕事は、本当にたくさんの人と協力して推し進めていくものです。

また、天候の変化によっても、工事の進み具合に影響が生じます。

したがって、仕事量がコントロールできないことが当たり前であり、メリハリをつけた働き方ができません。

時給に換算すると給料が安い

国内の建設業界の市場規模は、縮小傾向にあります。

東京オリンピック後は、さらに縮小することが予想されています。

そのため、一部の大手企業を除いた施工管理は、ベースの給料が伸びにくい傾向にあります。

また、給料が安い理由のひとつに、スキルが身につきにくいことがあります。

施工管理として身につくスキルは、他職種・異業種で展開できないため、労働力を安く買い叩かれる原因になります。

労働時間が長い上に、時給換算すると給料も安い現実に気づいた人は、早めに転職していく例が多いです。

労働時間が長すぎる

施工管理の仕事は、休日が少ない上に、労働時間も長すぎる特徴があります。

仕事に打ち込む時間が、何よりも楽しいと感じるのであれば、苦にはなりません。

とはいえ、ほとんどの施工管理は、労働時間が長すぎることに不満を持っています。

不満を持ちながらも、将来的に業界の働き方が変わらないと考えて、転職を考え始める人がいるのです。

スキルが身につかない

施工管理の仕事は、他社でも転用できる具体的なスキルが身につきません。

コミュニケーション能力や、調整力は身につきますが、建設業界は特殊な環境でもあるため、他業界で展開できるとは限りません。

一生懸命に働いても、手に職をつけるのが難しいと感じる人がいるのです。

そんな人は、将来的にも食べていけるスキルを身につけるために、転職に踏み出していきます。

怪我や事故に巻き込まれたくない

施工管理の現場は、怪我や事故のリスクがたくさんひそんでいます。

とはいえ、どれだけ注意を払っていたとしても、全ての事故のリスクを取り除けれるわけではありません。

また、不安全な行動をする人によって、事故に巻き込まれるリスクもあります。

実際に人が怪我をするのを見たり、事故に巻き込まれそうになるのをきっかけに、施工管理から転職を考え始める人が一定数います。

元々辞める予定があった

入社前後のギャップが大きすぎる場合は、施工管理として働きはじめてすぐに、将来的に辞めることを決めておく人がいます。

すぐに辞めてしまうと、職歴が傷ついたり、金銭的な問題が生じるためです。

そのため、最初から決めておいた時期になると、転職活動にうつる人もいます。

他の会社から転職の誘いがあった

施工管理の仕事は、さまざまな会社と協力して推し進めていくものです。

必然的に、いろんな会社との接点ができて、引き抜きにもあいやすくなります。

そのため、優秀な施工監督は、仕事上の付き合いがある会社から魅力的なオファーをもらうと、転職を考え始めます。

通常の転職ルートよりは、知り合いの会社の方が内部事情を深く知れるので、転職に失敗しにくいルートともいえます。

他職種・異業種へ転職するため

施工管理として働き始めた当初は、向いていると感じて、仕事に応募したはずです。

とはいえ、異常なほどの長時間労働や、コンプライアンスを無視した建設業界が嫌になる人がいます。

建設業界そのものが嫌になった人は、他職種・異業種へ転職するのを考え始めるのです。

施工管理から異業種転職するときの転職活動のすすめ方や、おすすめの転職サイト・転職エージェントは、以下の記事でご紹介しています。

⇒【20代】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト

施工管理を辞めた後の転職先の選び方

施工管理をやめようと考えていても、転職先の選び方がわからない人がいます。

転職して後悔しないためにも、正しい転職先の選び方について、以下からお伝えしていきます。

経験を活かせる業界を選ぶ

他職種・異業種への転職となると、給与が下がってしまうケースがほとんどです。

また、あまりにも畑違いの業界だと、選考を突破することもできません。

なので、施工管理を辞めた後は、経験を活かせる業界を選ぶのが大事です。

例えば、建設業界の知識をいかして、不動産や住宅系・建築設計の道を目指す方法があります。

もちろん、労働条件の良い施工管理の仕事を選ぶ人もいます。

施工管理のホワイト企業の見つけ方は?

キーとなるポイントは、下記の3つです。

  1. 規模の小さい物件を扱う企業
  2. 地方
  3. 技術者派遣

扱う物件の規模が小さいと、仕事量をコントロールしやすくなります。

残業時間も少なくなり、メリハリつけた働き方が可能にも。

また、都市部より地方の方が、施工管理に限らず残業が少ない傾向にあります。

工期にも余裕をもって取り組める現場が多いです。

さらに、施工管理の派遣会社に所属することで、自分の希望に近い働き方ができる現場を紹介してもらえます。

給料を上げたいなら同職種の大手へ

給料を上げていくことにこだわりがあるのであれば、大手企業の施工管理の仕事を選ぶ必要があります。

施工管理からの転職に置いて、給料を上げることができるのは、大手企業の施工管理のポジションを探すのが最善です。

他職種への転職となると、今より給料を上げるのは、結構難しくなります。

とはいえ、他職種であっても、残業時間が少ない会社に転職することで、時給換算すると効率的に稼いでいける可能性があります。

残業が少ない会社を選ぶ

施工管理を辞めたいと感じる人のほとんどは、労働時間の長さに不満を持っています。

なので、残業が少ない会社を選ぶのが、最も大切です。

働きはじめて、前と同じくらい残業していては、何のために転職したのかわかりません。

残業の少ない業界・職種はどこ?

ゆるいとされる業界であっても、会社によって全く異なるため、一概には言えません。

とはいえ、対消費者ではなくて、対企業を相手にビジネスをしているB to Bのメーカーは、残業の少ない会社が多い傾向にあります。

確実に言えるのは、シフト制の工場などは、残業が少ないことです。

施工管理を辞めた後の転職先の例

施工管理を辞める人は多いですが、辞めた後の転職先は、人によってさまざまです。

例えば、

  1. 不動産業界
  2. ハウスメーカー
  3. プラント
  4. 警備・ビルメンテナンス
  5. 公務員
  6. IT
  7. メーカー
  8. 商社

など、本当に多くの可能性があります。

施工管理の知識・経験を活かしたい人は、不動産業界やハウスメーカー、プラント関連の会社へ転職していきます。

他にも、未経験職種として、IT・メーカー、商社などへの転職に成功するひともいます。

以下の記事においては、施工管理(現場監督)からの転職先で多いパターンを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

⇒現場監督を辞めた後の転職先で多いのは?おすすめな転職先を紹介

施工管理の転職のすすめ方

施工管理の方が、他職種・異業種へ転職する場合は、転職サイトだけでなくて、転職エージェントも使ったほうが良いです。

なぜなら、転職サイトによる応募だけだと、企業側が設定する年齢や学歴、職歴などに引っかかてしまい、自動的に落ちてしまうことがあるためです。

効率的な転職活動のすすめ方としては、転職サイトで求人を見つけて、転職エージェントの推薦文付きで応募する方法です。

この方法だと、企業側のフィルターに引っかかる可能性が下がり、書類選考に通過しやすくなります。

以下の記事では、施工管理から異業種転職するときにおすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介しています。

⇒施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト

まとめ

本記事では、施工管理の転職理由について、多かった理由を10個ご紹介いたしました。

多かった転職理由は、

  1. プライベートの時間を取れない
  2. 職場でパワハラに悩まされている
  3. 仕事量をコントロールできない
  4. 時給に換算すると給与が安い
  5. 労働時間が長い
  6. スキルが身につかない
  7. 怪我や事故に巻き込まれたくない
  8. 元々辞める予定だった
  9. 他の会社から転職のオファーがあった
  10. 他職種・異業種へ転職するため

になります。

また、転職理由に応じて、転職先の選び方も全く異なってくることを明らかにしました。

さらに、転職先で多いパターンから、転職活動のすすめ方についても、軽くお伝えしました。

施工管理の仕事は忙しいので、他の人とは違った転職のすすめ方があります。

以下の記事では、具体的な転職活動のすすめ方から、厳選した転職サイト・転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【20代】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト