施工管理の体験談

施工管理の労働時間が長い理由~辞めたい!と強く感じたらどうすればいい?

・『施工管理の労働時間が長くて、プライベートの時間が持てない』

・『このままずっとキツイなら、辞めたほうがいいと感じ始めている』

・『すでに、辞めたい!と強く感じていて退職を真剣に考えている』

 

施工管理の仕事は、労働時間が長くなる傾向が強いです。

ですが、現場を監督する立場であるため、労働時間が長くなることについて、悩みを言い出しにくいといえます。

 

私は大学を卒業して大手ゼネコンに入社しましたが、労働時間の長さに悩んで、1年目で会社を辞めました。

現在では、以前と比較してプライベートの時間を確保できている職場で働いています。

 

そこで本記事では、施工管理の労働時間が長くなる具体的な理由から、『辞めたい』と強く感じたときの対処法までお伝えしていきます。

↓【施工管理から異業種転職を目指す方へおすすめの記事】↓

>>【20代】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト・転職エージェント

施工管理は日本で最も忙しい職業?

日本で最も忙しい職業のひとつが、施工管理です。

他にも、広告や証券の営業は特別に忙しいですが、比較してもトップクラスの仕事量を抱えます。

なので、あなたが長時間労働に悩むのは、『極めて当然』のことであって、まったく恥ずかしいと感じることではありません。

平均的な施工管理は、平均的なサラリーマンの1.5倍から2倍程度働いているのが実情です。

人によっては、職場を変えるだけで、自由に使える時間が月に4日以上増えていくのが普通です。

にも関わらず、労働時間に見合った給料を貰えるのは、ほんのひと握り。

理由はシンプルで深刻な人手不足かつ働き方も昔と変わっておらず、仕事が非効率であるためです。

施工管理の労働時間が長い理由4つ

 

労働時間が長い理由は、会社によってさまざま。

ですが、多くの会社に共通することがいくつかあります。

例えば、天候の変化に左右されたり、働き方に対する価値観が昭和の時代と変わらなかったり

以下から施工管理の労働時間が長すぎる理由を、それぞれ具体的にお伝えしていきます。

働き方に対する価値観が昭和のまま

世の中では働き方改革がなされる一方で、建設業界では、昔と同じ超長時間労働です。

現在、施工管理の第一線で働く人達は、昭和生まれの人がほとんどです。

そのため、昔の働き方の価値観を引きずっているのかもしれませんね。

もちろん、昭和の頃と比較したら、労働時間は短くなっています。

ですが、長時間労働を美徳とする考えは、上司の頭の根底に残っていて、メリハリつけた働き方を難しくする大きな要因といえます。

コントロールできない要因で計画が左右される(天気など)

工事の進み具合は、天候に移り変わりによって、大きく変わってしまいます。

そのため、計画的に休みの予定を立てるのが難しくなります。

建設業で働く以上は、仕方がないことですし、入社前にある程度覚悟していた人は多いはず
です。

ですが、仕事にある程度慣れていくと、プライベートの時間を持ちたいと考えるようになる人がほとんどです。

将来的にずっとまとまった休みが取れないことを考えると、天候の変化による長時間労働に耐えられなく人がいるといえます。

人手不足が原因

現在の建設業界は、定年を過ぎた人を積極的に再雇用せざるを得ないほど、深刻な人手不足です。

あまりにもたくさんの若手が辞めるのと、建設業に厳しいイメージがあり、新しい人材が入ってこないためです。

たまに良い人材が建設業にきても、働いた仕事に対して給料が割が合わなかったり、理不尽過ぎる仕打ちもあるので、スグに辞めていってしまいます。

人手不足がゆえに、多すぎる業務量に耐えかねて、人がどんどん辞めていく負のループに陥っているといえます。

一人あたりの仕事量が多すぎる

施工管理の仕事は、おおまかに分けると、以下の4つですね。

 

  • 品質管理
  • 原価管理
  • 安全管理
  • 工程管理

 

これら全てを、ひとりで担当する場面もでてきます。

加えて、現場に張り付いている日は、事務所に戻ってから書類作業が残っています。

夜遅くまで残業しなけらば仕事が終わりません。

人手不足に加えて、そもそもの仕事量が多すぎるのが、施工管理の労働時間が長い要因といえます。

長時間労働は絶対悪|『職場を変える』のも選択に

 

施工管理として働くことが慣れてきた人は、長時間労働を仕方ないと考え始める人もいます。

ですが、施工管理ほどの長時間労働は『絶対的な悪』です。

なぜなら人間は、気を緩めると事故の恐れがある工事現場で、睡眠時間を削ってまで働くと、必ず神経がすり減り人間らしさを失っていくためです。

建設業界に『暴言』や『暴力』があるのは、その人達の人間性も関係しています。

ですが、明らかに限度を超えた『長時間労働』が関係しています。

もしあなたが、長時間労働が当たり前の職場で、信じられないような暴言・暴力を感じたことがあるならば、スグに環境を変えるべきです。

あなたの職場は、すでに長時間労働で『人間らしさを失った』方たちがいるためです。

辞めるつもりなら絶対に早いほうがいい話

長時間労働に苦しんでいて、辞めることを考えている人は、できる限り早い決断をすべきです。

なぜなら、異常な環境に慣れてしまって、心を殺しながらの働き方に慣れてしまうためです。

無理しながら働く人生には、どんな価値があるのでしょうか。

価値観は人それぞれですが、長時間労働がキツイと感じたら、施工管理以外の仕事をすればいいだけの話』です。

『そんなに簡単に言わないでほしい』って人もいるかもしれませんが、本当にただそれだけ。

日本では我慢が美徳とされますが、理不尽過ぎる環境で我慢することには、なんの価値もありません。

あなたの身と心をボロボロにしていくだけですし、ずっと続けてくことも難しいはずです。

長時間労働に我慢しているのであれば、『職場を変える選択』を取ればいいだけです。

施工管理からの転職で多いパターンは?

さまざまなパターンがあるのですが、多いパターンは、次のとおりです。

 

  • 不動産仲介業の営業
  • 土木系の施工管理
  • デベロッパー
  • メーカー・IT

 

建設業の知識をいかして、不動産仲介業の仕事をする人が意外と多いです。

他にも、同じ施工管理の経験を活かしつつ、労働時間が少ない土木系の会社を選ぶ人も

また、労働時間を少なくして年収を上げるために、デベロッパー側にうつる人もいます。

他にも、IT業界やメーカーに転職する人もいますね。

施工管理が異業種に転職するのは、以下の記事にまとめていますので、よかったらどうぞ。

現場監督は異業種への転職は可能?ホワイト企業への転職例をいくつか伝える『現場監督を辞めて別の業種で働いてみたいけど、本当に転職できるか不安』 『実際に現場監督からホワイト企業へ転職した例を聞きたい』 『...