施工管理をやめたい理由

現場監督を辞めたいと考える人は多数|現状が変わらないなら転職もアリ

現場監督を辞めたい人

現場監督としてのキャリアは浅いけれど、すでに辞めることを考えている人向けです。

建設業界の中でも、現場監督の仕事は、最も忙しく精神的につらいポジションにあります。

彼らに共通する悩みは、プライベートの時間を確保することができないことです。

仕事そのものの難しさや、人間関係にも悩むことになりますが、忙しすぎるゆえに心が休まらないことに最もストレスを抱えます。

そして建設業界の独特な過重労働の習慣は、働き方改革が叫ばれる中でも、全く変化する余地がありません。

その結果、若手が業界の将来に絶望して、諦めながら働き続けているのが現状です。

そこで本記事では、現場監督を辞めたいと考えている人が、まずはじめにやるべきことから、転職を考えた方が良い人の特徴までお伝えしていきます。

【こんな記事も読まれてます】▽

現場監督を辞めた後の転職先で多いのは?おすすめな転職先を紹介

現場監督を辞めたいと考える人は多数|現状が変わらないなら転職もアリ

現場監督に向いていない人

現場監督を辞めたい人の共通の悩みとは

最も共通する悩みは、プライベートの時間が確保できないことです。

最初の頃は、仕事を覚えるのが精一杯で、私生活を充実させることに関心を向ける余地がありません。

そのため、仕事に慣れるまでは、プライベートの時間を持てないことに大きな不満を抱えにくい人が多いです。

しかし仕事に慣れて3年くらいキャリアを積むと、仕事量をコントロールできないことと、忙しすぎる現実を直視し始めることに。

冷静に考えても、この先建設業界の労働環境が良くなるとは思えず、仕事への不満が怒りへ転換していきます。

辞めたいと思いつつも、やるべき仕事が大量に降ってくるため、ジレンマを解消しようとするために、仕事にのめりこむようになる人が多いです。

現場監督にワーカホリックが多いのは、仕事へのストレスを、まさに仕事に没入することで忘れようとしているためなのです。

仕事を辞めたいと思ったらやってほしいこと

現場監督を辞めたいと思うのは、まともな感性の持ち主であれば、誰もが一度は持つことです。

そのため、感情に流されすぎず、一度冷静に辞めたい気持ちに素直に向き会う時間が必要です。

仕事のストレスで圧迫されて、衝動的な行動をとってしまい、その後の人生に汚点を残してしまっては元も子もありません。

上司に相談する

現場監督を辞めたいと感じたら、周りの相談できそうな人に思い切って話してみるべきです。

なぜなら、周りの人もあなたと同じような不満を抱えているパターンが多いためです。

誰かが口火を切る必要がある中で、誰も言い出せない状況にある人もいます。

とはいえ、相談するためには、仕事をある程度こなせていることが必要です。

辞められたら困ると思われない限りは、不満を言っても会社は反応しないです。

また、周到な根回しが必要であるため、かなり注意深く切り出すべきといえます。

異動願いを出す

会社によっては、異動願いが文書の形式や、口頭で済む場合もあります。

とはいえ、同じ部署で3年くらい働かないと、異動願いが通らないのが日本のサラリーマンの常識です。

この常識は、建設業界の現場監督の仕事にもいえることです。

異動願いと出すときのポイントは、ネガティブな要素を1ミリを含ませないことです。

ネガティブな動機だと、上司が部下の異動を推薦しにくいためです。

異動願いを通りやすくするためには、少し気持ち悪いくらいのポジティブさが合ったほうが、サラリーマン的な思考と合致します。

現状が変わらないならすぐに転職の準備をすべき話

上司に相談したり、異動願いを出したりしても、今の現状が変わりそうにない人がほとんどです。

なぜなら、建設業界は昭和のような価値観がはこびり、前例から外れた決定を恐れるためです。

そのため、今つらいのであれば、将来的に働くほどより辛くなっていきやすいといえます。

何か現状を変えたいと思うのであれば、転職サイトに登録だけでもしておくべきです。

仕事が忙しくなりすぎると、転職という気持ちすら薄れていってしまうためです。

また、メンタルの調子が悪化してしまうと、転職サイトに登録するという気持ちすらおきずに、新しい選択肢を手放してしまうことにもなります。

登録さえしておけば、自分が活動していなくても求人メールをストックしておくことができ、いざというときのカードを切りやすくなります。

優良な求人情報が集まる転職サイトは、以下からどうぞ。

  • 転職のリクルートエージェント:国内最大級の転職サイトなので、非公開求人が最も豊富。転職活動を質の高いエージェントに任せたいなら、ここに登録しましょう。
  • リクナビNEXT:転職成功実績1位の転職サイトで、適職診断からスカウトメールなどの機能が充実しています