施工管理を辞めたい理由

電気工事の施工管理を辞めたい5つの理由。具体的な対処法を全解説

  • 電気工事の施工管理として働いているけど、仕事がキツすぎる
  • 責任が重いわりには、給料が安すぎる
  • 会社と職人との板挟みでつらい

電気工事の施工管理は、身体的・精神的負荷が大きい仕事であり、劣悪な労働環境の会社が無数に存在します。

劣悪な労働環境で働く人の中には、責任感が強かったり、他に選択肢がないと思い込んでしまい、身体を壊すまで働き続けてしまう方も。

とはいえ、視野を広く持てば、理不尽な環境を変える手段が、無数に存在する事実に気付くことができます。

そこで本記事では、電気工事の施工管理で働くあなたに対して、仕事を辞めたいと感じる理由から、状況別の具体的対処法をお伝えしていきます。

この記事を読むことで、今抱えている問題を明確にできて、辛い境遇から脱出していくことが可能です。

電気工事の施工管理を辞めたい5つの理由

電気工事の施工管理の方は、主に次の5つの理由で仕事に悩みをかかえがちです。

  • 休みが少ない
  • クライアント・会社・職人との板挟みが辛い
  • 先輩を見ていると皆、つらそう
  • サービス残業が多い
  • 思い責任のわりに給料が安い

上記の理由について、順番に深堀りしていきます。

重い責任のわりに給料が安い

電気工事の施工管理には、責任が肩に重くのしかかります。

現場で事故や怪我があった場合は、施工管理に安全管理面を厳しく問われますし、工事が遅れていれば、休みを取ることができません。

仕事であるため当然といえば当然ですが、重すぎる責任のわりには、給料が安すぎると感じる人が多いのです。

責任感を強くもって、仕事をこなし続けていても、給料が上がらない状況に対して嫌気が差して、会社を辞めたいと感じる方が多くいます。

休みが少ない

電気工事は、建築工事全体の工程としては、後半にあります。

そのため、建物を立てる前の工程が大幅に遅れると、電気工事の担当が長時間労働で帳尻を合わせる必要がでてきます。

納期を守るために、当然のように休日出勤が要求され、代休を取れる余裕もなく、休日が減ることに。

前工程の進み具合によって、仕事のペースが変わってきて、仕事量を全くコントロールできなくなるので、辞めたいと感じる人が多数いるのです。

クライアント・会社・職人との板挟みが辛い

施工管理の仕事は、中間管理職に近い立場で、電気工事の計画を推し進めることになります。

会社側からのざっくりとした要求を飲み込みつつも、現場の職人の意見を吸い上げて、調整していく必要があります。

さらに、クライアントと交渉する機会もある方は、職人・会社・クライアントの間で板挟みになるケースも。

状況によっては、「俺にどうしろっていうんだ!」と、声を出したくなることもあり、理不尽なことが続くことで辞めたいと感じる人がいるのです。

先輩を見ていると皆、つらそう

電気工事の施工管理の先輩を見ていると、やはり同じように仕事に悩んでいることがひと目で分かります。

一見するとそこまで辛そうに見えない人も、大量の飲酒でストレスを発散していたりします。

中には、事のストレスでプライベートが荒れ放題で、家庭が崩壊している人も。

劣悪な労働環境であるため、新人が入ってきてもすぐに辞めていき、人手不足が深刻化して、さらに仕事量が増える悪循環があります。

働き始めてすぐに、会社に将来性がないと感じて、劣悪な環境から脱出したいと考える人がいるのです。

サービス残業が多い

電気工事の仕事は、基本的には屋内で行われるため、深夜でも働くことができます。

人の出入りが少ない深夜帯や、休日を使って、電気工事を進めることがメインの方もいらっしゃるでしょう。

限られた日程と時間内に工事を進める必要があるため、サービス残業が必然的に増えていきます。

働いた分だけ残業代が支払われれば、納得いく人もいると思いますが、サービス残業を強制される方もが多いです。

しっかりと働いても、働きに見合ったお金がもらえないため、シンプルにバカらしいと思って、会社を辞めたいと感じる人が後を絶ちません。

電気工事の施工管理を辞めたいと思ったときの具体的対処法

電気工事の施工管理を辞めたい理由を解説してきましたが、つらい状況に対して、どのように対処していけばよいのでしょうか。

以下に、具体的な4つの対処法を並べました。

  1. 上司に限界が近いことを伝える
  2. すでに限界ならとりあえず退職する
  3. 同業界・同職種へ転職する
  4. 他業種・多職種へ転職する

衝動的な行動をとってしまっても、後で後悔するかもしれません。

そのため、ここでは状況別の具体的な対処法を順番にお伝えしていきます。

上司い限界が近いことを伝える

すでに、電気工事としてのキャリアがある方は、会社側からすると貴重な人材です。

とはいえ、会社側は、あなたが現在の労働環境に対して、強い不満を抱いていることに気づいていないケースがあります。

『そんなことは考えにくい!』と思うかもしれませんが、縦割りの組織では、十分に考えられます。

したがって、上司に相談できる場合は、労働条件の改善を要求してみてください。

男同士では、本音で相談しにくいですが、黙って会社を去るのは、本当に損する行為です。

限界が近いことを伝えることで、会社が労働環境の改善に踏み出す可能性を、少しでも引き上げます。

すでに限界ならとりあえず退職する

この記事を読んでいる時に、すでに身体的・精神的に限界な方は、とりあえず辞めることがベストの選択です。

なぜなら、無理して働き続けることで、一度身体を壊してしまうと、回復に時間を要するためです。

もし、会社を辞めにくい事情があったり、辞めたいと思っても辞められない場合は、退職代行サービスを使うのも賢い手段になります。

【2021年】退職代行サービス人気おすすめ比較ランキング10選において、退職代行サービスの概要から、利用者数が多いランキングを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

同業界・同職種への転職する

すでに、会社に対して労働環境の改善を要求していたり、絶対に会社の体制が変わることがない確信があれば、転職活動へ踏み出すタイミングです。

会社の労働条件がネックだけれど、電気工事の施工管理の仕事を続けたい人は、同業界・同職種の会社を探すのがベストです。

「電気工事の施工管理なんてどこも忙しいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、年収レベルを少し妥協できれば、今より好条件の会社が見つかる可能性があります。

年収そのものはあまり変わらないけれど、時給として計算すると、効率よく稼ける会社が見つかる可能性も十分に考えられます。

幅広い視野を持って求人を探してみると、今より好条件の電気工事の施工管理職がたくさん存在することに気づけるはずです。

なお、第三種主任技術者に合格すれば、転職するときの年収を大幅に上げやすくなるので、資格をとってから転職に踏み出すのも選択のひとつです。

他業種・他職種へ転職する

電気工事の施工管理の仕事そのものが嫌になり、別の業種・職種で働いてみたい人も、たくさんいらっしゃると思います。

責任の重さのわりに給料が安かったり、会社と職人との板挟みの仕事を二度とやりたくない人は、他業種・他職種の道へ進んでいきましょう。

施工管理のキャリアを活かす道としては、「ハウスメーカーの営業職」や、「市役所の電気設備工事」などの仕事が考えられます。

市役所の電気設備工事

市役所の電気設備工事の求人は、実は公務員試験を受けなくても、受けることができます。

電気工事の施工管理とは異なり、作業員としての仕事になりますが、土日・祝日が休みであるため、時間の余裕が欲しい方にピッタリの仕事です。

現在でも、中途採用を募集している自治体があるので、気になる方はチェックしてみてください。

ハウスメーカーの営業職

他業種・異職種の道のひとつとして、ハウスメーカーの営業職への転職も、転職成功例が多いパターンのひとつです。

建物における電気の役割や、設備面から物件を提案できるのは、他の営業マンにはない強みを持つことになります。

他にも、施工管理からの異業種には、選択肢が無数にあります。

「施工管理から異業種転職。おすすめの転職サイト・転職エージェント11選」に、異業種転職するときに役立つ転職サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

電気工事の施工管理を辞めても良いという選択肢を持つことが大切

ここまで読んでいただいた方は、ブラックな労働環境であれば、電気工事の施工管理を辞めても良いことがよくお分かりいただけかと思います。

一番大切なことは、「電気工事の施工管理を辞めてもいいんだ」といった選択肢をあなた自身の中に持つことです。

 

  • 転職してまた同じような環境だったら・・・
  • 他の会社で働いたことがないので心配
  • このご時世、辞めても他の仕事があるのか不安

 

など、いろいろな感情が浮かび上がると思います。

 

しかし、人生は一度きりです。

また、理不尽な環境下で我慢を続けながら働き続けても、頑張るところを間違えていたら報われないかもしれません。

さらにいえば、電気工事の施工管理ほど過酷な仕事は、他に探すのが難しいので、他の会社で活躍できるかどうか不安に感じる必要はありません。

過酷な施工管理の現場で耐えた経験があれば、今スグに本当に心から望んでいる方向に、舵(かじ)を切ることをおすすめします。

一歩でも行動を始めることから未来が変わる

ここまで読み進めてもらった方の中には、まともな他の電気工事の施工管理の会社を探したり、異業種転職の可能性を探り出そうと思った方もいるはずです。

また、辞めたくても辞めれない会社に対して、「とりあえず辞める」選択を持つことを決めた方もいらっしゃると思います。

後、足りないのは、一歩目の行動だけです。

理想とする未来を手に入れるためには、今、行動を始めることが重要です。

あなたの可能性を狭く考えないようにして、顔を上げて、新たな道を探し始めてましょう

仕事が忙しい方は転職エージェントへ登録する

仕事で忙しくて転職活動ができないのが、電気施工管理で働く人の共通の悩みです。

忙しいとはいっても、何か1歩でも動き始めなければ、同じ状況がずっと続きます。

どれだけ忙しい方でも、業界No.1で求人数が最も多い『リクルートエージェント』くらいは、最低でも登録しておきましょう。

エージェントに登録すると、仕事をしている間に、好条件でピッタリな求人を探してもらえるので、自動的に前進することができます。

時間が限られている方は、最大手かつ案件が最も豊富なリクルートエージェントへの登録がおすすめです。