建設業の副業

建設業の副業おすすめランキング10選!!体力を使わないで稼ぐ方法!!

建設業のおすすめの副業ランキング
  • 『本業が建設業だけど、給料が低くて不満・・・』
  • 『病気や怪我をしたら働けなくなる将来が不安・・・』
  • 『別の収入の柱を立てて、生活を安定させたい』

 

建設業で働く人の中には、万が一の事故があった場合や、年齢を重ねた将来を考えて、収入面に不安を抱える人がいます。

身体が資本の仕事であるため、本業以外の別の収入源を持つために、副業を始める方が増えていますね。

でも、どんな副業が合っているかわからない・・・

そんな方に対して、本記事では、建設業のおすすめの副業をお伝えしていきます。

この記事を読むことで、あなたにピッタリの副業がわかり、新しい収入の柱を建てる準備を進めることができますよ。

収入源が建設業だけのリスクは?

建設業の方で、収入源が本業しかない場合には、さまざまなリスクがあります。

 

  • 身体を壊した場合に収入が途切れる
  • 体力的な限界が早く訪れてしまう
  • 建設業界が縮小して賃金が上昇しない

 

 

身体が資本となる仕事ですので、病気や怪我をしてしまったら、すぐに収入が途絶えてしまいます。

事務系の仕事とは異なり、手や足の指一本でも動きが悪くなれば、収入を得ることが難しくなってしまいますね。

また、長時間労働を続けている方は、あなたが思ったよりも体力的な限界が早く訪れるリスクもあります。

加えて、建設業界そのものが縮小しているため、有能な人材になっても会社が給料を出す余裕がない未来も容易に想像できます。

したがって、収入源が建設業一本の方は、早めに新しい収入の柱を建てにいく準備が必要です。

建設業の方が副業を考える上で注意点3つ!

副業を行う上での注意点は、次の3つになります。

 

  1. 仕事が忙しい人は肉体労働を避ける
  2. 会社の就業規則を確認する
  3. 身内以外には副業していることを伝えない

 

建設業で働くあなたは、勤務中は身体の体力を使って働いていらっしゃると思います。

なので、長期的に稼ぐことができる副業を選ぶ上では、肉体労働系の仕事を避けたほうがよいです。

また、副業を就業規則で禁止している会社や、従業員が副業するのを嫌うトップも存在するで、身内以外に話しても損するだけといえます。

以下から、上記の3理由について、それぞれ具体的に解説していきます。

①仕事が忙しい方は肉体労働を避ける

建設業で働く方は、飲食店や引っ越し、警備員などの肉体系のアルバイトを避けるべきです。

なぜなら、本業の仕事に支障が出てしまい、怪我や事故を引き起こしてしまっては、逆にお金が減る方向に向かってしまうためです。

もちろん、体力がある方や仕事に暇がある方であれば、全く問題有りません。

ですが、仕事が忙しい状態で副業をすると、本業にさまざまな悪影響がでるので、肉体系の副業は避けるべきです。

悪影響のひとつとして、身体がフラフラになったり、寝不足や注意力不足を引き起こしたりして、ケガや事故を招いてしまうことがあります。

したがって、仕事が忙しい方は、身体をフルに使う副業は避けるべきでしょう。

②会社の就業規則を確認する

副業を始める場合は、あからかじめ会社の就業規則を確認しておきましょう。

副業そのものは、法律で禁止されているわけではありませんが、会社の就業規則に副業禁止の規定があれば注意が必要です。

就業規則に副業禁止の規定がある会社では、副業している事実が判明すると、降格や出勤停止の懲戒処分を受ける可能性があります。

もしかしたら、建設業で働く方の中には、会社の就業規則を見たことがない人もいるかもしれません。

そんな時は、「労働条件を確認したい」といった理由で、会社に就業規則を見せてもらいましょう。

確認しづらい雰囲気があったり、就業規則を見せてもらえない場合は、会社そのものに問題があるので、別の収入の柱を建てるための副業をすべき状況といえます。

③身内以外には副業していることを話さない

副業をする上での最後の注意点は、身内以外には副業していることを話してはいけないことです。

最初のうちは、多くの人が秘密を守ります。

ですが、少し稼ぎ始めたタイミングや、お酒を飲んでいたりするタイミングで、信頼する社内の人に思わず口から出てしまうことがあります。

おそらく社内の人のほとんどは、副業をやっていませんし、別の収入源がある人をねたんで上層部に口外するかもしれません。

また、建設業界は、昭和の価値観を引きずっている方が多く、副業を毛嫌いする人もいます。

副業していることがバレると、禁止されていない会社であっても、社内での評価が大きく下がる可能性もあるので、徹底的に秘密を守りましょう。

建設業の副業おすすめランキング10選!!体力を使わないで稼ぐ方法!!

建設業の方におすすめの副業を選ぶ上では、次の3点を重視しました。

 

  1. 体力をあまり使わない
  2. バレにくい
  3. 大きく稼ぐことができる

 

上記のポイントは、本業が忙しくて体力を使い切ってしまう方や、副業に対して否定的な会社で働く方向けです。

また、本業以外に、強固な収入の柱を立てたい方も対象としています。

そんな方に対するおすすめの副業は、次の10種類になります。

 

  • Webライター
  • シェアリングエコノミー
  • アンケートモニター
  • アフィリエイト
  • 株式投資
  • FX
  • 仮想通貨
  • 不動産投資
  • 転売
  • チャットボーイ

 

副業の種類は、本当にたくさんありますが、体力を使わなくてバレにくいものとなると、上記の10種類にしぼれてきます。

以下から、上記10種類の副業について、それぞれの稼ぎ方を解説していきます。

Webライター【経験を活かせる】

文章を書くのが苦でない方は、決められた文章を書くだけで収入が手に入る『Webライター』がおすすめです。

今は雑誌よりも、ネットで情報を手に入れる人が多いので、Web上の文章を書いてくれる方の需要が爆発的に増えています。

例えば、平均的な文章を書ける方であれば、初心者であっても一文字約0.5円程度からの案件があります。

また、あなたに特別な経験や資格があれば、文字単価の交渉を行うことで、何倍にも報酬をアップさせることができます。

稼げるライターさんになると、一文字10円となる場合もあり、大きく稼げる副業のひとつです。

はじめてWebライターを始める方は、『クラウドワークス』でWebライターの案件を引き受けてみましょう。

簡単な案件になると、「建設業のあるあるを書いて下さい」や「建設業で辛かったエピソードを書いて下さい」といった500文字程度の案件があります。

副業での稼ぎを最も簡単に体感できるので、ぜひ試してみることをおすすめします。

>>クラウドワークスに無料登録する

シェアリングエコノミー【使わないものを他人に貸す】

シェアリングエコノミーの副業は、必要となる機会が少ないものを、他人に貸すことで稼ぐことができます。

例えば、使わない間に自家用車を貸し出す「Anyca(エニカ)」や、自宅の空いている駐車場を貸し出す「akippa(アキッパ)」などが注目を集めています。

特にakippaは、最初の簡単な審査が終われば、後は何もやる必要がなくなるので、とてもおすすめです。

シェアリングエコノミーは、「所有から利用へ」といった現代にマッチした副業のひとつといえます。

>>akippaに無料登録して空き駐車場をレンタルする

アンケートモニター【スキマ時間に気楽に稼げる】

アンケートモニターの副業は、簡単に説明すると、企業の市場調査を目的としたアンケートに答えて、稼いでいく方法です。

アンケートそのものは、企業のサービスや商品の改善に役立てられるものです。

マクロミルなら会員登録するだけで始めることができて、スキマ時間に行えるので、本業に支障がでることもありません。

また、ノルマもないので、「時間があるときに、小銭だけ稼ぎたい!」といった方に、とてもおすすめの副業となります。

>>マクロミルに登録する

アフィリエイト【元手ほぼゼロでビジネスが始めれる】

副業のアフィリエイトは、自分でホームページやSNS、動画サービスなどを立ち上げて、広告を掲載することで収入を得る方法になります。

アフィリエイトの形はさまざまで、

 

  • ブログアフィリエイト
  • Youtubeアフィリエイト
  • SNSアフィリエイト

 

などさまざまです。

動画を使ったアフィリエイトを行うYoutuberは、登録者数が伸びれば大きく稼ぐことができます。

ですが、動画の編集はとても大変なので、外注費をかけれない人には、あまりおすすめできません。

なので建設業のあなたにおすすめなのは、ブログアフィリエイトやSNSを使ったアフィリエイトです。

ブログ・SNSアフィリエイトは、記事を書いていったり、SNSで発信を続けたりするだけで、固定費がほとんどかかりません。

例えば、建設業でのエピソードや、仕事のコツなどを発信し続けると、あなたに対するファンができて、Web上で新しい収入の柱を建てることができます。

特に、建設業で働いた経験を持つブロガーは少ないので、あなた独自の体験を発信してファンを増やすことで、大きく稼げるようになりますよ。

株式投資【堅い収入源になる】

株式投資は、副業が禁止されている会社に勤めている方でも、実践できる副業です。

副業とは、厳密にいうと『本来の職業とは別に副収入を得る仕事』のことですが、投資に限っては副業とみなされない可能性があります。

株式投資は、株式を購入して売却益を得たり、配当金を得たりすることを目的としていて、体力を使わない上にバレないで実践できます。

株式の投資の特徴は、証券取引所を介しますが、時間の経過とともに株価が変化していくことです。

そのため、株価の変化に左右されないために、長期保有するのではなくて、1日で取引を行っていく『デイトレーダー』が人気となっています。

FX【一攫千金も夢ではない】

株式投資と並んで人気なのが、FXになります。

FXとは、他国の通貨を買ったり売ったりすることで、利益を得ることを目的としています。

仕組みを簡単に説明すると、1ドル100円のときにドルを購入して、1ドル110円となったときにドルを売れば、10円稼ぐことができます。

損することもありますが、適切な手法で実践すれば、他のどんな副業よりも短期間で大きく稼ぐことができます。

仮想通貨【少額からスタート可能】

仮想通貨は、ブームの波が再燃している副業のひとつです。

FXと似ていて、「ビットコイン」などの仮想通貨を売買することで、売却益を得ることができます。

日本国内においては、ビットコインが有名となっていますが、イーサリアムやモナコインといった仮想通貨が1000種類以上あります。

投資した仮想通貨の価値が上がれば、短期間で大きく稼ぐことができるので、建設業の仕事を長く続けたくない方におすすめです。

不動産投資【堅い収入源になる】

堅い収入源として、昔から人気がある副業が、「不動産投資」になります。

物件を購入して、家賃収入を得ることにより、確かな収入の柱を建てることができます。

特に、建設業で働くあなたにとっては、物件を選ぶ際に建築の知識を活かすことができるのでおすすめです。

最近は、古い物件を購入して、自らDIYをして不動産収入を得るのがブームとなっています。

物件を安く買ってDIYする不動産投資の手法は、建築現場で得たスキルをフルに活かせるので、他の不動産投資家と比較して、すでに有利なスタート地点に立っているといえますよ。

転売【専門知識・スキルが不要】

転売は、正しいやり方でやれば、誰でも稼ぐことができるおすすめの副業のひとつです。

仕組みを簡単に説明すると、商品を安く仕入れて、仕入れ値より高い値段で売る手法となります。

基本的には、安く仕入れて高く売るだけなので、専門的な知識やスキルが一切不要となるのがメリットになります。

建設業に関連する点では、メルカリやヤフーオークションに、マイナーな工具を出品すると稼げる可能性があります。

ライバルが多い品物を避けて、あなただけが発見したお宝ジャンルを探すことができれば、楽に稼いでいくことができますよ。

チャットボーイ【スキマ時間に会話するだけで稼げる】

少しニッチな副業となりますが、初対面の男性と話すのが苦手でなければ、チャットボーイが向いているかもしれません。

仕事内容はいたってシンプルで、PCやスマホを使い、チャットや話をするだけです。

客層としては、ゲイの男性が9割を占めるので、残念ながら「女性と会話を楽しみながら稼げる」とはなりません・・・。

中には、「危なくないのか?」といった不安を持つ方もいますが、連絡先を教えなかったり、住所を伝えなかったりすれば十分安全な副業です。

大きく稼ぐ上でのポイントは、お金をたくさん落としてくれる固定客をつかむことです。

常連のお客さんが複数人できれば、本業を超えた収入の柱を建てることも可能です。

きちんとしたネットリテラシーを持っていれば、十分安全な副業ですので、怪しいと感じても試してみる価値がありますよ。

まとめ

本記事では、収入が本業の建設業の仕事だけの方に対して、体力を使わないで稼いでいくことができる副業をお伝えしてきました。

副業選びの注意点としては、次の3つのポイントが必要となります。

 

  1. 体力をあまり使わない
  2. バレにくい
  3. 大きく稼ぐことができる

 

副業を容認していなかったり、仕事が忙しい方は、体力を使わない上に目立たずに稼げる仕事を選ぶべきでしょう。

また、体力を使わないおすすめの副業は、次の10種類になります。

 

  • Webライター
  • アフィリエイト
  • 株式投資
  • FX
  • 仮想通貨
  • 不動産投資
  • 物販
  • チャットボーイ
  • アンケートモニター
  • シェアリングエコノミー

 

どの副業も稼いでいくことができますが、人によって向き不向きがありますので、とりあえずいろんなものやってみるのがおすすめです。

特に、ライターやブログアフィリエイトであれば、元手を限界まで抑えることができるので、固定費を抑えたい方はトライしてみてくださいね。