施工管理を辞めたい理由

施工管理に向いていない人の特徴|キツすぎるならすぐ辞めても良い?

施工管理(現場監督)の適性について知りたい人向けです。

施工管理は、日本にある数多くの仕事の中で、最も過酷な労働といえます。

入社前に抱いた大きなものづくりのイメージとはかけ離れていて、現実とのギャップに苦しむ新人が後を経ちません。

また、深刻な人手不足により賃金が高騰しているため、中途採用からでも施工管理を目指す人が増えています。

しかし数年で身体を壊したり、あまりの仕事のキツさに耐えかねて、すぐに業界を去る人が非常に多いです。

そこで本記事では、施工管理として働き始めた人に向けて、この仕事が向いていない人の特徴から転職のタイミングまで解説していきます。

↓【施工管理から異業種転職を目指す方へおすすめの記事】↓

施工管理(現場監督)から異業種転職。おすすめの転職サイト・転職エージェント10選施工管理(現場監督)の仕事は、やりがいがある一方で、体力的・精神的につらいこともありますよね。 施工管理から異業種へ転職する理由は...

施工管理に向いていない人の特徴|キツすぎるならすぐ辞めても良い?

仕事量をコントロールしたい

仕事量をある程度コントロールしたい人にとっては、施工管理という仕事にあまり向いていないといえます。

なぜなら、顧客と職人さんとの間を取り持ち、調整業務が主になってくるため、他人の働きによって仕事量が変わってくるためです。

ベテランになると、工事全体の流れを主導していくこともできますが、筋が良い人でも数十年かかる領域になってきます。

そのため、仕事量を全くコントロールできないことにストレスを感じる人は、かなり心労を抱え込みやすい仕事になるといえます。

計画的に休みをしっかりとりたい

施工管理として働くことを選んだ人は、ある程度プライベートを犠牲にすることを覚悟している人が多いと思います。

しかし、実際に働き始めてみると、考えが変わる人がほとんどです。

計画的に休みが取れるありがたさをひしひしと感じ、この仕事を選んだことを後悔する人が後を経ちません。

とはいえ、休みがとれないことに不満を感じながら働き続けると、いつか限界が訪れます。

過労で倒れるなど身体に異常が表れたり、身体から力が抜けてく感覚にとらわれ、うつっぽくなる人もいます。

屈強なメンタルの持ち主でも、理想と現実との落差が激しすぎると、心の声を無視できなくなってしまうのです。

施工管理を続ける覚悟ができない

意外と多いのが、施工管理として一生働いていく覚悟を決めれない人です。

働き始めると1日が過ぎるのはあっという間で、将来について真剣に考える時間がなくなります。

毎日の忙しさに流され、一生働くつもりはないけれど、なんとなく仕事を続けてしまう人が非常に多いです。

とはいえ、忙しさにとらわれすぎて、いつか辞めようと思いつつ将来のキャリアについて真剣に考えないのは避けるべきです。

長期的なビジョンを持たないで、目の前に降り掛かってくる仕事を淡々とこなすだけでは、他社でも通用するスキルが身につきません。


向いてないと感じながら続けるのは損。キャリアチェンジは早め早めに

向いていなと感じながらも働き続ける人は、施工管理の人に非常に多いです。

一見すると仕事が充実してそうに見える人でも、お酒の席においては、会社を辞めたいと口にする人が多すぎる現実があります。

彼らは、辞めたいと思いながらもダラダラ働き続けてしまったため、他に働く選択肢がなく、延々と会社の愚痴を言っているのです。

そのため、いつか会社を辞めようと考えている人は、早め早めのキャリアチェンジをおすすめします。

会社に不満を抱える人が多い職場の中で頑張ってしまうと、やがて自分も愚痴っぽくなりストレスを抱えやすくなります

身近な先輩5人の平均の姿が、将来の自分と同じようになると言われています。

あなたの周りに尊敬できる人がいなければ、転職を考え始めても良いタイミングです。

施工管理の他職種・異業種への転職のすすめ方

20代の施工管理の方が、異業種転職を目指して転職サイトや企業サイトを経由して応募すると、書類選考で落ちやすいことがあります。

理由としては、20代の求人を募集している企業の中には、転職サイトからの応募者を、企業名や学歴でフィルターをかけていることがあるためです。

転職サイトから応募するだけだと、自動的に落とされててしまうリスクがあります。

そのため、転職エージェントを並行して利用し、転職エージェントに推薦してもらうことで、書類選考の通過率を高めるのがおすすめの方法になります。

以下の記事で、異業種転職の成功率を高める方法から、おすすめの転職サイト・転職エージェントをまとめています。

余裕がある内に転職サイトに登録すべき話

施工管理として働いていて、日々つらい生活を過ごしている人は、いま転職する気がなくても、転職サイトに登録だけしておくべきです。

なぜなら、過労とストレスにより限界に達してしまうと、転職サイトに登録する気力すらなくなってしまうためです。

気になる求人をストックしておくことで、転職という選択肢を持つことができて、心身の不調から倒れてしまう前に転職という手を打つことができます。

転職サイトへの登録は、無料です。

サクッと条件を登録することで、あなたの希望に合った新規求人や企業からのオファーがメールで届くため、今転職できなくても登録だけしておいて損はないです。

どれだけ忙しくても、後々にかなりスムーズになるので、最低でも1社くらいは登録しておきましょう。

優良な求人情報が豊富に集まっている転職サイトは、以下からどうぞ。

  • 転職のリクルートエージェント:国内最大級の転職サイトなので、非公開求人が最も豊富。転職活動を質の高いエージェントに任せたいなら、ここに登録しましょう。
  • リクナビNEXT:転職成功実績1位の転職サイトで、適職診断からスカウトメールなどの機能が充実しています

まとめ

施工管理に向いていない人の特徴は、自分である程度仕事量をコントロールしたり、決まった休みをとりたいことがあります。

さらに、ずっと働いていく覚悟ができていないひとも、忙しさに流されてしまい、ダラダラと中途半端な気持ちで働いてしまいがちになる危険性があります。

周りの先輩が、将来のあなたの姿であるため、尊敬できる人がいなければ、職場を変えるタイミングといえます。

【こんな記事も読まれています】▽▽

⇒施工管理(現場監督)が転職エージェントを使うときの注意点【異業種転職のケース】