施工管理の転職

現場監督(施工管理)はアスペルガーに向いてない|異業種転職がベスト

『現場監督として働き始めたけれど、仕事がうまくできない…』
『働きはじめて自分がアスペルガーだと思い始めている…』
『アスペルガーだと現場監督に向いていない気がする…』

現場監督の仕事はマルチタスクであるため、一点に集中する人が得意な方にとって、実力を発揮しにくいです。

特にアスペルガーの傾向がある方には、働き始める前はあまり意識していなくても、実際に仕事をしていく中で、適正がないことに気づき悩む人がいます。

そこで本記事では、現場監督になってからアスペルガーだと自覚するきっかけから、仕事に向いていない理由をお伝えしていきます。

この記事を読むことで、今のつらい仕事の状況に対処する方法がわかり、未来をガラリと変えていくことができます。

現場監督がアスペルガーだと自覚するきっかけ

現場監督にかぎらず、大人になって働き始めることで、自分がアスペルガーだと気づく人がいます。

理由はシンプルで、社会で働き始めるのは、幼少期から学生までの守られた環境とは全く異なるためです。

特に現場監督は、幅広い年代の人と次々とコミュニケーションを取る必要がありますし、同時に複数の業務を並行して推し進めていく必要があります。

そのため、他の職種の仕事で働くよりも、自分がアスペルガーだと気づきやすいともいえます。

例えば、プログラマーや設計職で働く人は、仮にアスペルガーの要素があっても、はっきりと自覚しにくいです。

一方で現場監督は、マルチタスクの能力が最も求められる仕事の一つであるため、働きはじめてからアスペルガーだと気付きやすいといえます。

現場監督(施工管理)はアスペルガーに向いていない理由

現場監督の仕事は、アスペルガーの要素がある方には、向いていない職業のひとつです。

代表的な3つの理由は、次のとおりです。

  • マルチタスクな仕事であるため(一点に集中しにくい)
  • コミュニケーションが得意である必要があるため
  • 臨機応変な対応が求められるため

本当にたくさんのことを同時進行させながら、幅広い年代の方と円滑にコミュニケーションを取る必要があります。

したがって、アスペルガー的な要素を持つ方は、本来の能力を発揮しにくい仕事です。

以下から、代表的な3つの理由について、それぞれくわしく解説していきます。

マルチタスクな仕事であるため(1点に集中しにくい)

現場監督の仕事は、一度に複数の仕事を推し進める必要があります。

  • 工程表づくり
  • 現場の段取り
  • 下請けとの打ち合わせ
  • 品質の管理
  • 現場の安全の確保

上記の仕事に加えて、突発的なトラブルが起きた際には、臨機応変に対応していく必要があります。

工期に余裕がなくなってくると、長時間の残業をしてマルチタスクな業務をこなしていくことが求められます。

ひとつのことに集中したいと思っても、なかなか集中することができないため、アスペルガーの要素を持ち合わせる人には向いていないといえます。

コミュニケーションが得意である必要があるため

現場監督の仕事は、下は10代から、上は70代の方までの年齢層の方と、円滑なコミュニケーションを取る必要があります。

コミュニケーションを通して良好な関係を築けないと、仕事がスムーズに進まないためです。

アスペルガーの傾向にある方の中には、耳から入ってくる情報の処理が苦手で、会話についていけないことがあります。

現場の作業員や設計職などと比較して、とりわけコミュニケーション能力が必要となるため、現場監督に向いていないといえます。

臨機応変な対応を求められるため

現場監督の仕事は、突発的なトラブルの連続です。

急な天候の変化や、必要な資材や人員が揃わなかったりして、予定通りに進みにくい仕事といえます。

アスペルガーの方の中には、計画通りに物事が運ばないことに強いストレスを抱えやすい人がいます。

理由としては、計画を立てるのが苦手で、せっかく立てた計画が簡単に崩れ去るのが耐えられないためdす。

現場監督の仕事は、急なトラブルに対応しつつ、常に先読みをしてマルチタスクをこなす必要があるため、向いていない人には向いていないです。

アスペルガーの監督に異業種転職のススメ

現場監督として働いていて、自分がアスペルガーの傾向にある気づいた人は、仕事を変えたほうが良いです。

世の中にたくさんある仕事の中で、最も向いていない仕事のひとつが、現場監督の仕事であるためです。

本当に適正がある仕事は、実際に働いてみないことにはわからないのが難しいところですね。

とはいえ、向いていないと感じながら続けても、スキルは向上しないですしストレスで心身を壊すことになります。

取るべき賢い選択は、現場監督からの異業種転職です。

現場監督の仕事は、アスペルガーの人でなくても、ハードな仕事内容に嫌気が差して、異業種転職をする方がとても多いです。

現場監督から異業種転職するときのおすすめの転職サイトは、以下の記事でくわしくまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

施工管理(現場監督)から異業種転職。おすすめの転職サイト・転職エージェント10選施工管理(現場監督)の仕事は、やりがいがある一方で、体力的・精神的につらいこともありますよね。 施工管理から異業種へ転職する理由は...

限界を迎える前に転職サイトへは登録だけしておく

向いていないと感じるため、辞めようか迷っているあなたは、今すぐに転職する気がなくても、面倒かもしれませんが転職サイトに登録だけでもしておくべきです。

なぜなら、仕事のストレスで心身が限界になってしまうと、転職サイトに登録する気力すらなくなってしまうためです。

たまに求人を覗いて、気になるものだけストックしておくだけで、過労で倒れる前に転職という選択を取ることができます。

転職サイトへの登録は無料でして、あなたの条件にあった新規求人やスカウトのメールも届くから、今転職する気がなくても登録だけしておくとよいです。

どれだけ忙しくても、後々にかなりスムーズになるので、最低でもリクルートエージェントくらいは登録しておきましょう。

登録者数No1の転職サイトは、以下からどうぞ。

  • 転職のリクルートエージェント:国内最大級の転職サイトなので、非公開求人が最も豊富。転職活動を質の高いエージェントに任せたいなら、ここに登録しましょう。
  • リクナビNEXT:転職成功実績1位の転職サイトで、適職診断からスカウトメールなどの機能が充実しています