施工管理を辞めたい理由

現場監督に向いていない人の特徴|ブラックで理不尽な仕事は辞めるべき理由

現場監督に向いていない人

現場監督して働き初めたけれど、仕事に向いていないと感じ始めた人や、続けていける自信がない人向けです。

 

  • 『入社前にはある程度覚悟していたけど、想像よりずっと休めないし忙しい』
  • 『自分で仕事量をコントロールできないのが、かなりストレスたまる』

 

建設業界における現場監督の仕事は、日本に数ある仕事の中でも、最も過酷さを極めます。

そのため若手のうちは、誰よりも早く現場に出向き、人より遅く事務所を出ることが求められ、プライベートの時間を確保することが難しいです。

その結果、入社した1年目で、現場監督を続ける自信がなくなる人がほとんどです。

 

そこで本記事では、現場監督に向いていない人の特徴をお伝えすることで、あなたの向き不向きを判断するものさしを差し上げます。

また、理不尽なほどキツイ職場は逃げ出してもよい理由についても、お伝えしていきます。

↓【施工管理(現場監督)から異業種転職を目指す方へおすすめの記事】↓

【20代】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト私は20代で施工管理(現場監督)から異業種へ転職して、キャリアップに成功し、現在3社目の人事部で働く30代のサラリーマンです。 こ...
【30歳以上】施工管理(現場監督)から異業種への転職で役立つ転職サイト私は施工管理(現場監督)から異業種へ転職して、キャリアップに成功し、現在3社目の人事部で働くサラリーマンです。 これまでに10社以...

現場監督に向いていない人の特徴

現場監督の仕事は、世の中のさまざまな職種の中でもハードな部類に入るため、ほとんどの人が真剣に会社を辞めたいと考えたことがあります。

そのため、向き不向きを判断するのは難しいといえます。

ですが、そもそもの仕事への理想像が、現場監督のものとかけ離れている人は、向いていないえるでしょう。

以下から、現場監督を辞めた人が感じた『向いていない人の特徴』について、20個お伝えしていきます。

プライベートを大幅に犠牲にしたくない

現場監督の仕事は、建設業界の中でも最も忙しく、プライベートの時間を大幅に削られます。

1日の段取りをするために、朝早く会社に向かい、現場の掃除をしてから夜中遅くまで事務作業が続くためです。

そのため、計画的に休みをとることがかなり難しい業界で、お盆と正月などの長期休暇もないことがスタンダードです。

現場監督は、仕事に人生を捧げる昭和のサラリーマン的な働き方ができない人は、かなり続けるのが難しい職業といえます。

仕事量をコントロールしたい

自分で仕事のペースを握れることは、ストレスを少なく働く上で、かなり重要なものになります。

人間の最大欲求は、食、睡眠欲そして性欲ですが、これらと同じくらい必要なものといえます。

現場監督の仕事は、天候の変化により工事の計画が大幅に狂うことがあります。

また、大勢の人を巻き込んで仕事を推し進めてくため、規模が大きい分だけ予定通りに工事をすすめるのが難しいことも

予定をしっかり立てて、計画通りに仕事をすすめていきたい人は、あまり向いていない可能性があります。

効率良く仕事をすすめたい

建設業界では、IT化を導入しようとする動きがありますが、現場レベルで全く成功していない現状があります。

1番の理由としては、テクノロジーに弱くて、うまく使いこなせないためです。

他の理由としては、昔のやり方で成功した体験を忘れることができなくて、馬力でなんとかしようとすることがあります。

もちろん、現場監督の仕事では精神論が大事になる場面もありますが、新しい技術に対して見向きもしない年配の方が多いのも事実です。

その結果、昔からのやり方をいつまでたっても忘れることができず、仕事が非効率になりがちです。

平成生まれの若者が、無駄な残業や非効率な仕事の進め方に見切りをつけて、建設業界を去っていく人が非常に多い現実があります。

夏の暑さと冬の寒さが苦手な人

現場監督は、夏の暑さと冬の寒さに耐えなければなりません。

風邪を引きやすかったり、気分が天候に左右されやすい人は、ずっと仕事を続ける上で、ストレスが蓄積してしまいます。

特に近年では、日本列島の夏の暑さが異常ですので、昔より労働環境がひどくなっている見方もあります。

室内の空調が効いた部屋で、1日の大半の時間を過ごしたいのであれば、現場監督に向いていないといえます。

ストレスを抱えると眠れなくなる人

現場監督の仕事は、日本にあるさまざまな職種の中でも、最も精神的な負荷が高い職業の一つです。

そのため、生まれ持ったストレス耐性が、かなり高くないと続けていくことが難しいです。

選ばれた超人にしか、優れた仕事ができない職業ともいえます。

特にストレスを抱えると、眠れなくなってしまう人は、ずっと仕事を続けていくのが難しいです。

若い内は体力と気力で乗り切れますが、未来の自分からエネルギーを前借りしているようなものでして、いつか心身ともに限界がきます。

新しい現場に入るたびに、眠れない日々が続く人は、キャリアを変更するプランを考えるべきです。

体育会系的なノリが苦手な人

建設業界は、良くも悪くも昔から仕事の進め方が変わらなく、体育会系的なノリが必要です。

あなたの気質を合うならば、職場が働きやすくなりますが、ノリが苦手な人にとっては、居心地が悪くなります。

残念ながら、体育会系的なノリにまかせて、口調や態度に乱暴さを出してくる人は、他の業界よりも圧倒的に多いです。

言葉遣いが悪い人やマナーが悪い人に対して、ストレスを感じ続けてしまうのであれば、建設業界自体に向いていない可能性があります。

人にお願いをするのが苦手な人

仕事において、人にお願いごとをするのが苦手な人も、現場監督の仕事に向いていないです。

なぜなら、現場監督の仕事では、職人さんや元請業者との調整業務が非常に多く、頼んだり頼まれたりすることが日常茶飯事であるためです。

工事を計画通りに推し進めていく上では、誰もやりたくないような仕事をお願いすることもあるため、精神的なストレスを感じる人もいます。

そのため、人にお願いをするのに気が引けてしまう人は、現場監督の仕事に向いていないといえます。

緊張すると焦ってパニックになりやすい人

大事な場面において、緊張してしまうことで頭が真っ白になる人は、現場監督の仕事に向いていないといえます。

なぜなら、工事は常に事故や怪我のリスクと隣合わせであるため、冷静な判断ができないと人命に関わってくる問題となるためです。

例えば、納期が迫っていて工事に大幅な遅れが出ている場合でも、常に次の打ち手を考えられ続けれないと、現場監督の仕事は務まりません。

反対に、大きなプレッシャーを感じる場面においても、強い気持ちをもって冷静さを保ち続ける人は、現場監督の仕事に向いているといえます。

悪口を言われたら気にし過ぎてしまう人

現場監督の仕事では、仕事を推し進めていく上で、他の職種と比較してコミュニケーションを取る人の数が多いです。

そして仕事においては、皆がストレスでいらだっている状況で、誰もやりたくないような仕事をお願いする必要がでてきます。

そのため、どれだけ仕事上で良い人間関係の構築を心がけても、悪口を言われたり嫌がらせに近い行為を受ける場面がでてきてしまいます。

したがって悪口を言われた場合に、引きずることが多い人にとっては、長期にわたって活躍していくのが難しい職種といえます。

大ざっぱな性格の人

現場監督の仕事は、細かいことに気を配るのが苦手な人には向いていないです。

なぜなら、現場を細かく見て、怪我や事故の元となるリスクを見極める必要があるためです。

他にも、原価・利益の計算、部材の発注など、幅広い場面で注意深さが大切になります。

また、現場を写真撮影して文書にまとめる作業などがあり、机の上に座ってコツコツ作業していくことも求められます。

「これくらいで大丈夫だろう」といった仕事は、現場で嫌われる人に共通する特徴であり、活躍していくのが難しいといえます。

建築そのものに興味が持てない人

現場監督の仕事を始めた人は、ほんの少しでも建築に興味があったはずです。

ですが、イメージしていたものと、現実との間に大きなギャップがあり、建築に興味がなくなってしまう人がいます。

仕事内容に興味が持てないと、長い労働時間はひたすら苦痛なものになってしまいます。

建築そのものに興味がなくなってしまったら、仕事を覚えることも難しくなります。

勉強が苦手・勉強をしたくない人

現場監督の仕事は、日々新しい知識を勉強していく必要があります。

もちろん勉強しないでやっていくこともできますが、キャリアアップにつながりません。

例えば、施工管理技士といった資格は、合格率が20%前後で、記述の勉強も必要になります。

現場監督として収入を上げていきたいのであれば、勉強が苦手だとネックになります。

あまり頭が良くない人

現場監督の仕事は、常に先読みをしていきながら、最善の選択を取り続ける必要があります。

なぜなら、工事の最高責任者であり、現場は生き物でもあるためです。

人によっては、頭の良さはあまり関係ないと言う人もいます。

ですが、臨機応変な対応と、先を見通す力がなければ、良い仕事をするのが難しいです。

頭があまりよくない人は、現場監督の仕事に根本的に向いていません。

体力がない人

現場監督は、日によっては、1日工事現場に張り付くこともあります。

現場に出る時間が長い日は、必然的に事務作業が残っており、残業が確定します。

精神的・身体的な体力がなければ、やっていけません。

体力に自信がある人でも、現場監督として働き続けるのが難しく感じるほどです。

タバコの煙が苦手な人

建設業界と切り離せないのが、タバコの煙です。

他の業界・業種と比較しても、圧倒的に喫煙者の数が多い現状があります。

分煙がしっかりされている現場であれば良いですが、そのような概念がないところもあります。

特に夏は、分煙していても、作業服に染み付いたタバコのニオイで、不快さを感じることもあるのです。

タバコの煙が苦手な人は、現場監督として働き続けるのが難しいと言わざるをえません。

お酒を飲めない・飲みたくない人

タバコの煙が苦手な人と同様に、お酒が飲めない人も、現場監督に向いていないといえます。

なぜなら、建設業界では、顧客の接待や会社の飲み会が多く、お酒が好きなひとがほとんどであるためです。

アルコールがなくても、お酒の席を楽しめるならば、問題ありません。

ですが、お酒を飲ませるのを半分強要させる人がいるのが、建設業界の特徴です。

お酒が飲めない・飲みたくない人は、現場監督の仕事を長く続けるのが難しいかもしれません。

ITの技術を活用して仕事をしたい人

いまや多くの業界では、IT技術を持っていない人は、人材としての価値が落ちていく一方です。

また、ITの技術を活用すれば、仕事の大幅な効率化も可能です。

ですが、建設業界では、ITの技術を取り入れるケースが少なくて、スキルが身につきません。

理由はシンプルで、建物は最終的に人手を使わないと建たないためです。

人を削ったら仕事が成り立たない中で、人手不足が深刻化しているので、悲惨な労働環境となっています。

仕事にIT技術を活用して、効率化を図っていきたい人は、現場監督の仕事があまり向いていません。

たまには在宅勤務がしたい人

在宅勤務は、通勤時間がなくなるため、一日に使える自由な時間が増えます。

ですが、現場監督の仕事は、在宅勤務の働き方とは、最も無縁な職種のひとつです。

テレワークが当たり前となり、家庭やプライベートを充実させる生き方が主流となりつつあります。

会社に人生の全ての時間を捧げていき、プライベートを犠牲にする覚悟ができないのであれば、現場監督の仕事に向いていないといえます。

現場監督に向いていないと感じたら?

現場監督の仕事には、向き不向きが大きく関係します。

”向いていない”と感じる瞬間もあれば、”向いている”と感じることもあるのならば、適正を判断するのは早いかもしれません。

向いていると感じる瞬間がほとんどなくて、我慢の連続が続くのであれば、真剣に他の仕事を探す道を考えていくべきです。

理由はシンプルで、苦手なことをやり続けても、得意にはならないためです。

頑張っても得意にならないと、続けることができなくなり、結果的に辞める選択をとる人がほとんどです。

また、現場監督の方の中には、職場がブラックで理不尽な仕打ちに苦しんでいる人も多いです。

そんな方は、スグにでも会社を辞めても大丈夫です。

辞めても大丈夫というよりは、『スグに辞めるべき』ともいえます。

理不尽なほどキツイ会社を辞めるべき理由は、以下からお伝えしていきます。

理不尽でブラックな会社は辞めるべき理由って?

頑張っても報われないためです。

現場監督の仕事は、キツイことが世間に知られているため、良い人材が業界に入ってきません。

加えて、あなたの職場がブラックでであれば、余計に新しい人材が加わる見込みがありません。

そのため、人手不足になる現場が多発して、そのしわ寄せがあなたにきているのです。

理不尽なほど忙しい現場では、人材の新しい流入がない以上、頑張れば頑張るほどつらくなっていきます。

そのため、『もうすでに限界に近い』と感じているのであれば、今、この瞬間が『辞めてもよいタイミング』であると、強く背中を押したいです。

現場監督の方の中には、すぐに仕事を辞めて大丈夫なのか心配な人もいるはず。

以下の記事では、施工管理から異業種への転職に成功する方法から、おすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめています。

【20代】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト

【30歳以上】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト

【20代】施工管理(現場監督)から他職種・異業種への転職で役立つ転職サイト私は20代で施工管理(現場監督)から異業種へ転職して、キャリアップに成功し、現在3社目の人事部で働く30代のサラリーマンです。 こ...
【30歳以上】施工管理(現場監督)から異業種への転職で役立つ転職サイト私は施工管理(現場監督)から異業種へ転職して、キャリアップに成功し、現在3社目の人事部で働くサラリーマンです。 これまでに10社以...

辞めるタイミングは『気力が残っている』今がベストです

いまの現場監督をいつか辞めたいと考えている人は、どのタイミングで転職活動をすすめるべきでしょうか。

先に結論を言うと、身体と心が健全な状態のときに、転職活動を始めるべきです。

なぜなら、1日が忙しいため、日々の仕事に忙殺されていると、すぐに元あった気持ちを忘れてしまうことになるためです。

そして、身体がボロボロになってしまった後では、転職して新しい会社で働こうとする気力がなくなり、会社にしがみつくしかなくなります。

また、身体と気力が十分にあるときほど、面接官に印象の良さを与えることができ、転職しやすくなる事実もあります。

いざというときに、転職というカードを切りやすくするためにも、転職サイトに登録だけでもしておくべきなのです。

現場監督の仕事が忙しいのはとても理解できますが、最低でも最大手のリクルートエージェントリクナビNEXTくらいは登録しておきましょう。

スキマ時間で仕事探しができて、辞める段階になったときでも、その後の活動がスムーズになります。

  • 転職のリクルートエージェント:国内最大級の転職サイトなので、非公開求人が最も豊富。転職活動を質の高いエージェントに任せたいなら、ここに登録しましょう。
  • リクナビNEXT:転職成功実績1位の転職サイトで、適職診断からスカウトメールなどの機能が充実しています

現場監督から異業種へ転職した例

現場監督に向いていないと感じた人が、異業種へ転職した例はたくさんあります。

例えば

  • 不動産業界の営業職
  • メーカー・IT業界
  • ハウスメーカー
  • 公務員
  • プラントの保守・保全

などさまざまなパターンがあります。

転職に成功した人の話を聞くと、現場監督の仕事を経験すると、やはり他の仕事が天国に見えるようです。

現場監督から異業種への転職に成功した人の体験談をまとめた記事は、以下からどうぞお読み下さい。

現場監督は異業種への転職は可能?ホワイト企業への転職例をいくつか伝える『現場監督を辞めて別の業種で働いてみたいけど、本当に転職できるか不安』 『実際に現場監督からホワイト企業へ転職した例を聞きたい』 『...