施工管理から転職

現場監督を辞めた後の転職先で多いのは?おすすめな転職先を紹介

現場監督を辞めたいと考えているけれど、次の転職先に悩んでいる方向けです。

現場監督の仕事は、建設業界の中でも最も過酷で、精神的な負担が重いです。

設計する人と職人の板挟みになり、新人であっても中間管理職に近い悩みを持つことになります。

また、朝早くから仕事場に行き、現場での仕事が終わった後も事務作業が続き、プライベートの時間を確保できません。

しかも仕事の進め方には、非効率な側面が多く、業界の将来性に絶望した若手は、次々と見切りをつけていく業界でもあります。

そこで本記事では、現場監督を辞めたいと考えている方に向けて、辞めた後のおすすめの業界まで解説していきます。

現場監督を辞めた後の転職先で多いのは?おすすめな転職先を紹介

先に結論を言うと、ホワイトな施工管理への転職する人や、建物の知識を活かせるハウスメーカーの営業職、公務員に転職する人までいます。

また、コミュニケーション能力の高さを活かすことで、営業職として活躍できるケースが多いです。

いずれにせよ、現場監督として数年働いていくことができるならば、他の業界はぬるま湯のように感じます。

そのため、新しい環境に飛び出すのは、最初は不安に感じますが、恐れる必要は全くありません。

以下から、現場監督のおすすめな転職先について、それぞれくわしく解説していきます。

ホワイトな現場監督(施工管理)への転職

現場監督の仕事といっても、全てがブラックな職場であるわけではありません。

ホワイトな職場で働く現場監督には、以下の特徴があります。

・小規模な現場で働いている
・都市部を避け地方で勤務している
・会社と条件面で交渉できている

現場の規模が小さいと、それだけ忙しさが軽減されることがあります。

また、都市部より地方の方が忙しくなくて、残業時間が少ない傾向があります。

もちろん、現場によって例外もあるため、一概にはいえません。

さらに、新人だと使えない技ですが、会社にとって貴重な人材となることで、条件面を交渉できると強いです。

あまり日本では、条件面を交渉する人はいないですが、環境がキツイと感じるのであれば、一度交渉してみても良いかもしれませんね。

ハウスメーカーの営業職

建物の知識と、現場監督として培ったコミュニケーション能力を発揮して、営業職として活躍する人もいます。

ハウスメーカー以外にも、不動産の営業職として働く人もいます。

どの業界も人手不足であるため、新しい環境に適応する力とコミュニケーション能力さえあれば、活躍することができます。

給与水準が高いため、年収を上げていきたい人には、向いている職業といえます。

公務員

現場監督のハードワークに耐えかねて、公務員を目指す人も一定多数います。

土日の勤務、深夜におよぶ残業や単身赴任がなくなるため、経験を積んだ人は公務員に流れることがあります。

ただし、現場監督から公務員に転職した人は、あまりの環境の変わりようにカルチャーショックを受けることに。

そもそも仕事があまりないため、スキルを磨いていきたい人は、公務員を辞めてしまう人もいます。

一方で、家族との時間を取り戻し、プライベートを充実させることで、自分の人生を取り戻す人も大勢います。

ブラックな求人には注意が必要

世間では働き方改革が進んでおり、有給取得を年間で5日間義務付けるなど、労働時間の見直しが行われています。

しかし、社員をボロボロにこき使い、非人道的な扱いを続けるブラック企業も、いまだにたくさん存在します。

そのため、次の転職に失敗しないためには、焦りは禁物で慎重に転職先の会社を見極めていくことが必要です。

ブラックを見極めるために日頃から求人をチェックすべき

ブラック求人を見極めるためには、常日頃から求人に目を通しておくとよいです。

なぜなら、ブラックな求人は人の出入りが激しい為、ずっと求人を出し続けているためです。

そのため、今転職する気がなくても、転職サイトに登録して気になる求人をウォッチし続けるだけで、ブラックかどうか見分けることができます。

転職しようとしてから、求人を色々見ていっても、情報が多すぎて自分に合ったものを選ぶのは困難です。

また、転職サイトに登録しておくだけで、条件にあった求人がメールで送られてきたり、あなただけに企業から特別オファーがくることも。

気になる求人をストックしておくと、いざというときにすぐに転職という選択をとることができるため、登録しておいて損はありません。

優良な求人情報が集まる転職サイトは、以下からどうぞ。

  • リクナビNext最大手だけあって、求人を検索しやすいです。
    加えて、独自のスカウトメール機能により、登録しておくだけで企業から特別オファーが届きます。
    マイペースに求人情報だけチェックしたい人におすすめです。
  • 転職のリクルートエージェント国内最大級の転職エージェントなので案件が豊富。
    転職活動をエージェントに任せたい人は、まずはこちらに登録しましょう。